新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

3月24日に「今アスリートにできること」「今スポーツにできること」について考えるオンラインイベントやります #スポーツを再発見しよう

3月24日(火)に「今アスリートにできること」「今スポーツにできること」というテーマのトークイベントをオンラインで開催することになりました。

トークイベントを開催するきっかけ

そもそも、トークイベントを開催するのは、このツイートがきっかけでした。

この加納さんのツイートに対して、僕がこんな返信を返しました。

僕が無茶振りした五勝出さんは、こんな返信をしてくれました。ありがたい。

テーマは「アスリートの自立」で、3月24日に開催しよう。そこまで決まっていました。

大きく変わったスポーツを取り巻く状況

ところが、直近1週間でスポーツを取り巻く状況は大きく変わりました。Jリーグは4月3日までの中断を発表、NPBは開幕を延期、Bリーグは無観客試合での再開を発表した後、再び4月1日までの中止を発表しました。

海外のスポーツに目を向けると、NBAがシーズン中断を発表し、ヨーロッパサッカーも軒並み中断、EURO2020の2021年への延期、全仏オープンの延期が次々と発表されています。

当初は「アスリートの自立」というテーマについて話せれば、と思っていたときは、ここまでの状況は予想していませんでした。気軽に話せるといいなと思っていたのですが、ちょっと状況が変わってしまいました。

当日は「アスリートの自立」というテーマも話すと思いますが、今問われている「アスリートにできること」「スポーツにできること」について、話そう。昨晩僕から皆様に提案しました。この2つのテーマについて話すことで、当初話す予定だった「アスリートの自立」というテーマについても、考えを深められるのではないか。そう考えています。

今のアスリートに求められているのは、自分で考え、行動することです。自分で考える力を身につけ、レベルアップするチャンスです。そして、アスリートだけではなく、リモートワークが推奨されている会社員にとっても、自分で考え、行動する力は、必要な能力だと思うのです。

参加メンバーと詳細

今回のトークイベントは、こんなメンバーでお話をする予定です。

1人目はマラソンランナーの加納由理さん。

2人目はアスリートのキャリアに関するnoteを書いている五勝出拳一さん。

3人目は、プロフェンシング選手の西藤俊哉選手。

画像1

画像2

西藤選手が参加予定だった、先週のオリンピック選考レース最終戦アメリカ大会が延期となりました。アメリカに到着後に延期が発表され、試合をせずに帰国。現在はフェンシング協会の配慮で、2週間の自宅待機期間に入っており、オリンピックにまつわるアスリートの現状に向き合っている1人です。当日はオンラインで参加頂く予定です。

そして、4人目としてFIFAマスターを受講していたにもかかわらず、コロナウイルスの影響で帰国を余儀なくされた、内田大三さんがオンラインで参加してくださいます。ヨーロッパのスポーツとコロナウイルスの影響、そしてこれからのスポーツについて、リアルな話をして頂く予定です。内田さんは途中から参加頂く予定です。

そして、TOKYO CITY FCの斎藤兼さんも飛び入りで参加してくださる予定です。

ゲストについては、まだ調整中です。ぜひお話したい方がいらっしゃったら、僕のTwitterのDM宛にご連絡ください。五勝出さんは「チームのスタッフの方のご意見も聞きたい」と話していたので、チームのスタッフの方でお話したい方がいらっしゃったら、ご連絡お待ちしております。

通信手段はまだ確定していませんが、Twitterで中継をしようかと思っていますし、本格的な機材を導入して実施するわけではないので、映像や音声がとぎれとぎれになるかもしれませんが、ご了承頂ければ幸いです。配信方法決まったら、改めてご連絡させて頂きます。

以下詳細になります。

日時:3月24日(火)19:00開始 21:00終了予定(終了時刻は前後します)
※オンラインでの開催となりますので費用は無料です。
※配信場所は非公開です。
※配信はZoomを使って、Twitterで実施します。配信にあたってはTwitterで「@nishi19」をフォローしてください。
※副音声(?)として西藤選手のInstagramでもインスタライブで観れる予定です。こちらは西藤さん個人のコメントが多く聞けるかも。ぜひフォローしてみてください。
※質問がある方はハッシュタグ「#スポーツを再発見しよう」でツイートしてください。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! サポートで得た収入は、書籍の購入や他の人へのサポート、次回の旅の費用に使わせて頂きます!

極夜行(角幡唯介)
53
note有料マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」& 公式「スポーツまとめ」管理人 | スポーツアナリティクスジャパン(SAJ)実行委員 | うたのワークショップのお手伝い | 本業はオウンドメディアのプロジェクトマネージャー

こちらでもピックアップされています

#スポーツ 記事まとめ
#スポーツ 記事まとめ
  • 4071本

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。