見出し画像

2019年J1第16節 サンフレッチェ広島対川崎フロンターレ レビュー「チャンスを得る選手、失いつつある選手」

2019年J1第16節、サンフレッチェ広島対川崎フロンターレは、2-3でサンフレッチェ広島が勝ちました。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

3バックのチームとの苦闘

川崎フロンターレの最近の試合を観ていると、DF3人で攻撃を始めるチームとの対戦で苦戦を強いられています。浦和レッズ、大分トリニータ、そして、この試合のサンフレッチェ広島も、DF3人で攻撃を始めるチームです。

この3チームに共通しているのは、GKもパス交換に参加して相手の守備を外すだけの技術を備えているということ、「ウイングバック」と呼ばれる、4-4-2で対応するチームに対して、サイドでボールを受け、相手の守備を外し、ボールを運んでいきます。

川崎フロンターレは、4-4-2のチームオーガニゼーションを採用しているのですが、DF3人に対して、FW2人で対応するので、相手チームに数的優位を作られ、ボールを奪うことができません。FW2人で3人のうち2人へのパスコースを塞ぎ、ボールを奪えると思っても、GKやMFを使ってパス交換し、外されてしまう。サイドからボールを運ばれ、センターラインを超えた後、またボールを奪うためにやり直しを強いられています。

風間さんが監督を務めていた頃も、DF3人によるパス交換を行うチームに苦戦を強いられました。当時は今よりボールを奪うプレーの精度が低かったので、チームオーガニゼーションを変更し、サイドからボールを運ばせないようにすることで対応しました。それでも、サンフレッチェ広島や浦和レッズには痛い目にあってきました。

鬼木監督就任後はDF3人のチームでも、4人でも、4-4-2で対応するようになりました。サイドからボールを運ばせず、中央で奪う奪い方を徹底するようになっただけでなく、サイドからパスを谷口を中心としたDFが弾き返せるようになったので、どんな相手であっても、4-4-2で守れるようになりました。

しかし、ドイツ、スペイン、イタリア、そしてイングランドでもDF3人で戦うチームが増え、相手の守備を外すプレーも多様化し、Jリーグでも導入するチームが増えています。ACLでも上海上港がDF3人で攻撃を行っていましたが、川崎フロンターレの強度を上回るチームが少しずつ増えてきているのだと思います。

DF3人でボールを運ぼうとするチームに対しては、いつも以上に連携してアクションを起こす必要があるのですが、試合開始から明らかに他の選手と連携して動けていない選手がいました。それは家長と守田です。

この続きをみるには

この続き:4,146文字
記事を購入する

2019年J1第16節 サンフレッチェ広島対川崎フロンターレ レビュー「チャンスを得る選手、失いつつある選手」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

目を揃えよう
22
note有料マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」& 公式「スポーツまとめ」管理人 | スポーツアナリティクスジャパン(SAJ)実行委員 | うたのワークショップのお手伝い | 本業はオウンドメディアのプロジェクトマネージャー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。