見出し画像

「何もわからない人」など存在しない

ちょっと真面目なことを書いてみます。

テレビで、明石家さんまが重度の認知症の人を指して、「あの人たちは幸せなんや」と言いました。つまり、人生の最後に辛いことも何もかもわからなくなって、幸せだと。多かれ少なかれ、同じように考えてる人はいると思います。

これは非常に危険な考えです。幸せだと思ってるうちはいいですが、何もわからないのに生きている価値はあるのか、といった勘違いへ繋がる可能性もあります。実際、石原慎太郎がそういった発言を行っています。

彼らは何もわからないのではありません。わかっているのに、うまくリアクション出来ないだけです。伝えたいのに、うまく伝えられないだけです。人は意識不明の状態であっても、脳は活動しています。思うように身体が動かず、うまく伝えられないだけです。

薄っぺらなヒューマニズムで言っているのではありません。認知症における中核症状と周辺症状、このメカニズムを理解すればわかります。中核症状である見当識障害と記憶障害、それにより引き起こされる暴力などの周辺症状の数々。こういったメカニズムを理解すれば、彼らが何もわからないのではなく、わかっていても伝えられないだけだとわかります。

僕はよく、認知症の人は空気を読む、といいます。そうでない人の何倍も空気を読みます。認知症で失われたものの代わりに、より鋭敏になる能力もあるのだと感じています。

話は逸れましたが、重度の知的障害者であっても、それは同じだと思います。様々な障害によって失われた(あるいは先天的に存在しない)こともあるでしょう。しかし、たとえうまく表現出来なくとも、その代わりに発達した能力は必ずあります。

生きている限り、何もわからないということはありません。表現出来るか出来ないかの違いだけで、誰もがそれぞれ、きちんと感情を持って自分の人生を生きています。

僕は長年高齢者介護に携わるなかで、そのことを学びました。これまで働いていた職場でも、余裕のあるときは後輩たちにそういった話をしてきました。わからないようでわかっている、そう思うだけで、認知症の人に対する接し方は変わりました。

介護現場の慢性的な人手不足で、新人を教育する機会は失われています。また、綺麗事にこだわってられない過酷な現場の実態もあります。相模原の事件の犯人は、実際に行動に移したという点で明らかに異常ですが、同じように間違った考えを抱く人はたくさんいるように思います。

「何もわからない人」など存在しない。そのことをもっと多くの人に周知するべきだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると大変ありがたいです。いただいたサポートは今後の取材活動や制作活動等に使わせていただきます。よろしくお願いします!

ありがとうございまんもすw
80
イラストレーター、絵本作家、介護福祉士。第4、6回MOEイラスト絵本大賞入選。PIBO.jpより電子絵本公開中。2019年3月、金沢21世紀美術館にて「もやい展金沢」出展。 https://www.behance.net/niq1973f635
コメント (14)
介護職はクリエイティブ☆ わたしもそう思います(^-^) そして、介護の現場いらっしゃる方にいつも頭が下がる思いです。またいろいろシェアできたら嬉しいです。ご丁寧にありがとうですm(_ _)m
生き生きと表現し、活き活きと暮らす。誰もがそんなふうに生きられる世の中になるといいですよね。#桃生かのこさんがこちらに導いてくれました
> としべえさん なかなかうまくはいきませんが、そうなればいいですね。
理想ですが、利用者と言われる人に介護者が時間を充分取れて、会話を楽しめる様な介護の世界になれば良いですね。時間が無い❗労働力が無い❗負のサイクルになってしまって、理解しようと時間を取る事を善しとしない風潮がある。何とかしないと利用する側も利用される側もしんどいだけで辛いだけの仕事ですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。