日本フォネオリレコード

9

フォネオリゾーンをふりかえる(完)

フォネオリゾーンの10月から12月を一気にふりかえります。このケーキ画像は、10月27日の銀座タクトワンマンライブの時に応援隊の皆さまが用意してくださ…

フォネオリゾーンをふりかえる(五)

フォネオリゾーンの9月はテレビにラジオにシャンソンの世界に・・・とバラエティに富んだ活動となりました。 9.10 ラジオ日本「ハロー! アイレディ…

フォネオリゾーンをふりかえる(四)

いろいろあった8月前半でしたが、今回は8月の後半をふりかえります。この頃には少しずつではありますが、テレビの情報番組やネット等にスポーツ紙の記事…

フォネオリゾーンをふりかえる(三)

J-POPの新星・フォネオリゾーンの8月をふりかえります。8月2日に「クゥタビレモーケ」の発売ということで、山野楽器たまプラーザテラス店にてコーナ…

フォネオリゾーンをふりかえる(二)

4人のことをそれぞれに応援してくださっていた方は、「何か動いている」という雰囲気を感じ取っていたかとは思います。一日も早く発表をしたいという気…

フォネオリゾーンをふりかえる(一)

令和元年7月に突如現れたフォネオリゾーン。実は1月の末からなんとなく話が始まって、2月にはある程度のコンセプトがまとまったので、メンバーにして…

宇宙人が地球デビューを果たすこと (三)

いろんな概念が地球とかけ離れているフォネオリ星人が「フォネオリゾーン」というユニットとして地球でCDデビューを果たすことになったわけですが、デビ…

宇宙人が地球デビューを果たすこと (一)

「宇宙」というのは全貌が見えないからロマンや恐怖がある。 「地球以外の星に生物はいるのか? 」 「宇宙の果てがあるのか? 」 「ブラックホールは…

宇宙人が地球デビューを果たすこと (二)

4つの謎の発光体は「我々はフォネオリ星からやってきた」(訳=セツコ80)という。地球から220光年も離れた星とわたしたちのレーベル名と似通っているこ…