『応援する』ということ

昨日は『FlaP』という女性3人組ボーカルユニットの路上ライブを聴きに行ってきた。

この3人とはたまたま出会ったのだがすぐに大好きになり応援するようになった。

昨年7/1に結成したFlaPは2/24に2回目のワンマンライブを予定している。動員目標は200人と無茶とも思える数字を掲げている。大きな目標を掲げることで自分達にハッパをかけているようだ。

ライブに来てもらうって実に大変なこと。皆さんも好きなアーティストのライブに行くと言ったってほとんどの方が数年に一度程度だと思う。ましてやメジャーデビューもしていない名前も知らないアーティストのライブに行く回数は0に近いと思う。それでもアーティスト達はお客さんに来てもらいたいから、自分達の歌を聴いてもらいたいから必死に活動している。

ライブのチケットはだいたい2〜3000円前後。上映時間2時間以上の映画だって2000円もしないのと比べると決して安くはない。それでもアーティスト達はお客さんに来てもらいたいから、自分達の歌を聴いてもらいたいから必死に活動している。もちろんライブを行うにもお金が掛かるからお客さんが入らないと赤字になる。

そんな姿を見ているからファンは精一杯声援を送る。そして知り合いに声を掛けたり、SNSで情報を拡散したり出来ることをする。簡単なことでは無いとわかっていながらそれでもファンも必死に努力する。

私もいつも彼女たちの歌を聴いて元気を貰えているから、一生懸命応援している。もしかしたらこの子達は私自身が出来ないような凄いことをやってのけるかもしれない…そんな期待を込めているのかもしれない。

私はYouTubeに動画をアップしたり、Twitterなどで写真や動画、アーティストの情報などをアップしているが、これが意外と地道な作業を要する。それなりに時間も使う。

それでもね、昨日もあったのだが、離れた地方の人がYouTubeの動画を見てくれてCD欲しいと言ってくれたり、Instagramのストーリーズに上げた動画を見たSNSでしか繋がっていない人から、『誰のなんていう歌か知りたい』と連絡がきたり、手応えとまでは言えないけど嬉しい出来事があった。

『正しい努力』を続けていれば必ず望んだ結果が出ると思うんだ。結果が出るのはすぐかもしれないし、1年先かも10年先かもしれない。でもその努力が正しければ必ず結果はついてくるから『諦めないこと』が大事。

『動員目標200人』数字にこだわることも大事。だから諦めない。諦めなければ成功しかないからね。そして来てくれる人を楽しませること。また演じてくれるアーティストを楽しませることもファンの役目だと思う。そうやってライブハウスはそこにいるみんなが楽しい素敵な空間になるんだ。さぁ頑張ろうっと。


画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。
音楽、ラグビー、仕事…好きなことについて感じたことを記す場。頑張る人が大好きです。