新作ボードゲーム 商品化間近!
見出し画像

新作ボードゲーム 商品化間近!

niko plus / 株式会社日光プロセス

こんにちは、niko plusの企画制作を担当する高鳥です。
いよいよ制作中のボードゲーム商品が完成に近づいてきたので、今回は私たちがどんなことを考えながら新商品を作っていったのかを書いてみたいと思います。

これまでの制作の様子はこちら。


新作のテーマは……

新作ボードゲーム2点のテーマは『自己紹介』です。

まずは新作のために様々なアイデアを出し合う中で、このご時勢で人と直接会って何かをする場が急に減ってしまったことや、その影響でコミュニケーションの取り方を見直す人が増えているようだということが見えてきました。

さらに体験談なども交えて話し合いながら「短時間でも相手との距離が縮まって楽しく雑談できるようになる物」がいいと方向性を考え、初対面でも自分のことを話していくゲームならば遊びやすいのではないか、とテーマを決めました。

それだけでは使える状況が限定されてしまうので、既に仲の良い友人同士でも遊べるように「変化球もある自己紹介ができるゲーム」をつくることになりました。

個人的な思い出になるのですが、学生時代などで自己紹介に『持ちネタ』のある人たちが少し羨ましかったんですよね。俳優と同姓同名だったり、インパクトのある特技や趣味を持っていたり……。
しかし自分には周りを楽しませるような一言を付け足す勇気もなかったので、当たり障りのないプロフィールを話すだけで済ませていました。

丁度よく自分の話をすることって意外と難しいし、周りも静かに聞いているので、なんとなく一方通行な気分で終わってしまったような経験をした人も多いのではないでしょうか。


新作ゲームではここを体感してほしい!

そこで自己紹介にボードゲームを組み合わせることで、無理なく自分についての話ができて、参加した人がお互いのことを知れるようにしたいなと思いました。

ボードゲームは共同作業なので、参加者には何かをする順番が均等に回ってきます。
ルールも決まっているので、その場で自分が何をすればいいか迷うこともありません。

さらにこの新作ゲームでは、ゲームを進めるために必要なことを話していくうちに会話が少しずつ繋がっていきます。
「ゲームをする」という共通の目的がひとつ挟まることで、大人しい性格の人でも自分から話をしやすくなったり、みんなの輪の中にあと一歩近づいてみようという気持ちが芽生えたりすると思います。


そして新作ゲームには、単に自己紹介をするだけでなく勝負をする場面もあります。
そのため自己紹介中にみんなのことを覚えようとして、相手の話をしっかり聞こうとする体勢になることもこのゲームのポイントだと思っています。

テストプレイ中では人によって前のめりになるほど真剣に聞いていることもあったのですが、そんな時に相手から思わぬ一言が出てくると自然にリアクションが引き出され、空気が賑やかになっていく場面もありました。

しかも面白いのが、話をした本人にとってはその内容が意外性を狙ったわけではなかったりする……というところ。
周りのリアクションで「あれ…自分だけ?」「同じ人がいた!」と気楽に盛り上がれるのもゲームならではのコミュニケーションです。

勝負のルールはとてもシンプルで、初心者さんでもすぐに参加できるのでご安心くださいね。

サンプルを作ってチェック中。こちらは爽やかなライトブルーを使ったデザインです。

商品化まであと少し!

そんなゲームのタイトルと中身ですが……
こちらは次回の更新でお披露目できればと思っています。

ただいま発売日などの最終スケジュールを調整中ですので、商品としてお届けできる状態にするまであと少し頑張ります!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
ぜひ新商品も楽しみにしていてください!


ありがとうございました!
niko plus / 株式会社日光プロセス
墨田区の製版会社が始めたものづくりブランド「niko plus」です。商品の情報や企画への社員の思いなどを発信していきます。 ■ niko plus ブランドページ | https://www.nikkop.co.jp/nikoplus-LP.html