見出し画像

【発売中!】コミュニケーションゲーム『沼にハマったきっかけは?』

niko plus / 株式会社日光プロセス

niko plus で制作したボードゲームをご紹介します。
こちらは「沼にハマったきっかけは?」のページです。

2022年7月に発売開始いたしました!
当社のECサイト、全国の小売店様で順次 販売しております。

推し活を語ればその人が見える、かもしれない

沼にハマる、推し活をする――
こんな言葉に聞き覚えのあるあなたに語ってほしい、
みんなの自己“沼”紹介。
存分に話をした後はトークを思い出しながら楽しく勝負しましょう。

何かを夢中で追いかけている人たちならばきっと盛り上がる
「オタクあるある」が書かれた質問カードを使って遊びます。
質問に対してそれぞれが語った話をカードの答えとして扱います。
ゲームは神経衰弱式と早当てクイズ式の二通りの遊び方があり、その時々で遊びやすいルールを選ぶことができます。

外側からは見えない、実は気になるみんなの推し活事情。
ぜひみんなにも聞いてほしい、自分のハマった沼の深さ。
好きなことへの情熱を語り合い分かち合うコミュニケーション・ワードゲームです。


ルール・遊び方

〈まずは様々な質問が書かれたカードを使って自己紹介をします〉

①裏返した状態で、偶数枚になるようにカードを配ります
②配られたカードを見てそれぞれ自己紹介の文章を考えます
③内容に沿ったカードを一枚ずつ見せながら、順番に自己紹介をします

遊び方1
〈自己紹介スピーチで覚えたことを思い出しながら神経衰弱をします〉

①全員のカードをもう一度集めてよく混ぜ、裏返した状態で中心に広げます
②自己紹介スピーチと同じ順番で神経衰弱をしていきます
③カード2枚の自己紹介主が揃う+自己紹介の内容を正確に覚えていた場合、ペア成立となりカードを貰うことができます
 
遊び方2
〈より手軽でスピード感のある勝負をしたい時は早当てクイズで遊びます〉

①全員のカードをもう一度集めてよく混ぜ、裏返した状態で山札として中心に置きます
②自己紹介スピーチと同じ順番で1人ずつ山札の上から一枚めくります
③そのカードで自己紹介をした人の名前+自己紹介の内容がわかったら正解を叫びます
④一番先に正しい答えを言えた人が得点としてカードを受け取ります
 
 
ゲームをするには3人以上必要ですが、もし2人しか集まれなかった時はカードを交互に引いてエピソードトークをするなど雑談タイムのお供に使えます。


商品情報

現在こちらの商品をお取り扱いいただける卸・小売店様を募集しています。
お取り引きに関するお問い合わせは、弊社HP内のお問い合わせフォームより承ります。

新規のお取引先募集はただいま停止しております(2022.07)



niko plus / 株式会社日光プロセス
墨田区の製版会社が始めたものづくりブランド「niko plus」です。商品の情報や企画への社員の思いなどを発信していきます。 ■ niko plus ブランドページ | https://www.nikkop.co.jp/nikoplus-LP.html