niko plus / 株式会社日光プロセス
絵本で北海道にワ〜プ!!サケ水族館を見に行こう!
見出し画像

絵本で北海道にワ〜プ!!サケ水族館を見に行こう!

niko plus / 株式会社日光プロセス

みなさまこんにちは。niko plusの魚島です。
niko plusは、株式会社日光プロセスという製版会社のものづくりブランドです。私は主に商品のデザインや写真撮影、twitterでの発信などを行っています。

今回は『動画付き絵本 世界でココだけ!?「川の中まで水族館」のヒミツ』についてのお話をします。

これまでのniko plusの商品とは系統が違うので、「おや?」となった方もいるかもしれません。この絵本についてちょっとご説明したいと思います。これは株式会社日光プロセスが北海道にある「サケのふるさと千歳水族館」さんと一緒につくった絵本です。2022年1月27日〜2月27日にクラウドファンディングを行った結果、108人のサポーターの皆さんにご支援いただき、見事プロジェクト達成しました!ありがとうございます(^○^)

プロジェクト終了後は、千歳水族館のショップでも販売開始しました。オリジナル什器も設置してもらっているので、ぜひお立ち寄りください。

というわけで、niko plusの商品ではないのですが、北海道以外の方にも読んでもらいたいということからECサイトに追加しました。

皆さんにもぜひ手に取ってもらいたいので、この絵本のおすすめポイントをご紹介します!

サモンくん

画像1

まずはこの子!サケのふるさと千歳水族館のマスコットキャラクター「サモンくん」です。サケの稚魚をモチーフにした男の子。かわいらしい仕草で子どもたちにも大人気!絵本の中では館長と一緒に千歳水族館を案内してくれます。一度聞いたら口ずさみたくなっちゃうサモンくん体操もおすすめ。

スマホで見られる動画付き

絵本の二次元コードを読み取ることで、3つの動画を見ることができます。

①「川の窓」

世界でココだけかも!?千歳水族館にある「川の窓」からは、本物の千歳川の中を見ることができます。季節ごとに変わる川の窓の様子や、サケ視点になれる水中からのシーンもあります。

②「サケについて」

オスとメス、川のサケと海のサケの特徴や、卵から稚魚への成長の様子、川から海を旅する習性…といったサケのいろんなことを知ることができます。大人でも思わず「へぇ〜!」と言いたくなってしまうかも。

③「バックヤード」

なかなか見ることができない千歳水族館の裏側や飼育員さんのお仕事、サケを飼育している施設の様子を見ることができます。水族館でたくさんの魚が見られるように、いろんな設備やお仕事が必要なんだとわかります。

サケとサケの仲間について

千歳水族館には、サケの仲間もたくさんいます。サーモンゾーンの大水槽は迫力満点。「え!?これもサケの仲間なの?」と思う魚もいますが、実はみんな共通点があるんです。実際に見てみたくなること間違いなし。

サケクイズ

絵本で千歳水族館を満喫したら、サケクイズに挑戦!絵本を読めば自然とサケに詳しくなっちゃうはず。楽しみながらストーリーを振り返ることができます。

館長の思い

実は、この絵本には「身近な自然に触れて欲しい」という千歳水族館 館長さんのアツい思いがこもっているんです!身近な自然に触れる機会がない、どのように触れていけばいいのか分からないという人も、この絵本をきっかけに近くにはどんな川があるかな?川の水はどんな様子かな?と関心を持ってもらえたら嬉しいです。

まとめ

こだわりがつまった読み応えのある絵本になっています。ぜひご覧ください。そして、サケのふるさと千歳水族館にも行ってみてくださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

#絵本 #水族館 #クラウドファンディング

ありがとうございました!
niko plus / 株式会社日光プロセス
墨田区の製版会社が始めたものづくりブランド「niko plus」です。商品の情報や企画への社員の思いなどを発信していきます。 ■ niko plus ブランドページ | https://www.nikkop.co.jp/nikoplus-LP.html