niko plus / 株式会社日光プロセス

墨田区の製版会社が始めたものづくりブランド「niko plus」です。商品の情報や企画への社員の思いなどを発信していきます。 ■ niko plus ブランドページ | https://www.nikkop.co.jp/nikoplus-LP.html

niko plus / 株式会社日光プロセス

墨田区の製版会社が始めたものづくりブランド「niko plus」です。商品の情報や企画への社員の思いなどを発信していきます。 ■ niko plus ブランドページ | https://www.nikkop.co.jp/nikoplus-LP.html

マガジン

ストア

  • 商品の画像

    〈ボードゲーム〉バスタオルっていつ洗う?

    日常のささやかな話題で人柄がわかっちゃうかも!?niko plusオリジナルのワードゲーム「バスタオルっていつ洗う?」まずはカードに書かれたトークテーマで自己紹介。ただし質問は型通りの自己紹介では語らないものばかり。相手の「そうなんだ!」な一面を見つけられたらしっかり覚えておきましょう。お互いの自己紹介がそのままゲームで使用するカードの答えになります。こちらは神経衰弱式と早当てクイズ式で二通りの遊び方ができるので、ゲームをする環境やメンバーの性格に合わせて仲を深めることができます。初対面の人たち、これから仲良くなっていきたい人たちとの挨拶代わりにもどうぞ。改めて話すほどのことではないけど、みんなの個性が出る話。個人的なことだけど、みんなで共有するとなんとなく面白い話。自分のことを話して遊ぶコミュニケーション・ワードゲームです。〈セット内容〉・カード 48枚(58×88 mm)・説明書(日本語)1枚・箱(W61×H93×D27 mm)〈遊び方〉・対象人数 3~8人・時間 目安 15~30分▽詳細はこちらのページもご覧ください!https://note.com/nikoplus/n/n793d76326716
    ¥2,530
    niko plus STORE
  • 商品の画像

    〈ボードゲーム〉沼にハマったきっかけは?

    推し活を語ればその人が見えてくる…かもniko plusオリジナルのワードゲーム「沼にハマったきっかけは?」沼にハマる、推し活をする――こんな言葉に聞き覚えのあるあなたに語ってほしい、みんなの自己“沼”介。存分に話をした後はトークを思い出しながら楽しく勝負しましょう。何かを夢中で追いかけている人たちならばきっと盛り上がる「オタクあるある」が書かれた質問カードを使って遊びます。質問に対してそれぞれが語った話をカードの答えとして扱います。ゲームは神経衰弱式と早当てクイズ式の二通りの遊び方があり、その時々で遊びやすいルールを選ぶことができます。外側からは見えない、実は気になるみんなの推し活事情。ぜひみんなにも聞いてほしい、自分のハマった沼の深さ。好きなことへの情熱を語り合い分かち合うコミュニケーション・ワードゲームです。〈セット内容〉・カード 48枚(58×88 mm)・説明書(日本語)1枚・箱(W61×H93×D27 mm)〈遊び方〉・対象人数 3~8人・時間 目安 15~30分▽詳細はこちらのページもご覧ください!https://note.com/nikoplus/n/nd622f2b17943
    ¥2,530
    niko plus STORE
  • 商品の画像

    〈ボードゲーム〉いろどりかるた

    色を見る目が鍛えられる!?カラフルで見た目にも楽しいかるた。印刷・デザイン業界人白熱必至のCMYK色取りバトルで盛り上がりましょう!印刷物は、基本的に4色(CMYK)のインクそれぞれ0〜100%のかけ合わせであらゆる色を表現しています。このかるたは、CMYKの数値から色を予想して色の札を取り合うゲームです。CMYKに馴染みがない人も4色の絵の具を混ぜたらどんな色になるかイメージすることで遊ぶことができます。読み手は、「薄い水色と濃いピンクを混ぜた色!」といった風にヒントを出してあげてください。札の番号を答えることで、リモートでも遊ぶことができます。(人数分かるたが必要です)楽しみながら色について学べます。友人や職場のあの人に勝負を仕掛けてみては?〈セット内容〉・読札、取り札 各50枚(65 × 92mm)・説明書・箱(97×137×35mm)〈使用用紙〉箱、札:サンカード*デザイン変更のお知らせ(2021.12.27)「いろどりかるた」外箱、取り札のデザインが新しくなりました。セット内容、その他の仕様変更はございません。※閲覧環境により画面上の色と実際の色が異なって見えることがあります。ご了承ください。※紙のフチで手などを切らないように注意してください。※カードを飛ばして遊ぶなど危険な使い方をしないでください。※乳幼児の手の届かない場所に保管してください。※水に濡らさないでください。※火のそばに置かないでください。※長時間直射日光の当たる場所に置かないでください。退色する恐れがあります。※経年劣化により色が変わって見えることがあります。※用紙、印刷条件、見る環境により、同じ数値でも色に差異が生じます。
    ¥3,300
    niko plus STORE
  • 商品の画像

    〈ボードゲーム〉バスタオルっていつ洗う?

    日常のささやかな話題で人柄がわかっちゃうかも!?niko plusオリジナルのワードゲーム「バスタオルっていつ洗う?」まずはカードに書かれたトークテーマで自己紹介。ただし質問は型通りの自己紹介では語らないものばかり。相手の「そうなんだ!」な一面を見つけられたらしっかり覚えておきましょう。お互いの自己紹介がそのままゲームで使用するカードの答えになります。こちらは神経衰弱式と早当てクイズ式で二通りの遊び方ができるので、ゲームをする環境やメンバーの性格に合わせて仲を深めることができます。初対面の人たち、これから仲良くなっていきたい人たちとの挨拶代わりにもどうぞ。改めて話すほどのことではないけど、みんなの個性が出る話。個人的なことだけど、みんなで共有するとなんとなく面白い話。自分のことを話して遊ぶコミュニケーション・ワードゲームです。〈セット内容〉・カード 48枚(58×88 mm)・説明書(日本語)1枚・箱(W61×H93×D27 mm)〈遊び方〉・対象人数 3~8人・時間 目安 15~30分▽詳細はこちらのページもご覧ください!https://note.com/nikoplus/n/n793d76326716
    ¥2,530
    niko plus STORE
  • 商品の画像

    〈ボードゲーム〉沼にハマったきっかけは?

    推し活を語ればその人が見えてくる…かもniko plusオリジナルのワードゲーム「沼にハマったきっかけは?」沼にハマる、推し活をする――こんな言葉に聞き覚えのあるあなたに語ってほしい、みんなの自己“沼”介。存分に話をした後はトークを思い出しながら楽しく勝負しましょう。何かを夢中で追いかけている人たちならばきっと盛り上がる「オタクあるある」が書かれた質問カードを使って遊びます。質問に対してそれぞれが語った話をカードの答えとして扱います。ゲームは神経衰弱式と早当てクイズ式の二通りの遊び方があり、その時々で遊びやすいルールを選ぶことができます。外側からは見えない、実は気になるみんなの推し活事情。ぜひみんなにも聞いてほしい、自分のハマった沼の深さ。好きなことへの情熱を語り合い分かち合うコミュニケーション・ワードゲームです。〈セット内容〉・カード 48枚(58×88 mm)・説明書(日本語)1枚・箱(W61×H93×D27 mm)〈遊び方〉・対象人数 3~8人・時間 目安 15~30分▽詳細はこちらのページもご覧ください!https://note.com/nikoplus/n/nd622f2b17943
    ¥2,530
    niko plus STORE
  • 商品の画像

    〈ボードゲーム〉いろどりかるた

    色を見る目が鍛えられる!?カラフルで見た目にも楽しいかるた。印刷・デザイン業界人白熱必至のCMYK色取りバトルで盛り上がりましょう!印刷物は、基本的に4色(CMYK)のインクそれぞれ0〜100%のかけ合わせであらゆる色を表現しています。このかるたは、CMYKの数値から色を予想して色の札を取り合うゲームです。CMYKに馴染みがない人も4色の絵の具を混ぜたらどんな色になるかイメージすることで遊ぶことができます。読み手は、「薄い水色と濃いピンクを混ぜた色!」といった風にヒントを出してあげてください。札の番号を答えることで、リモートでも遊ぶことができます。(人数分かるたが必要です)楽しみながら色について学べます。友人や職場のあの人に勝負を仕掛けてみては?〈セット内容〉・読札、取り札 各50枚(65 × 92mm)・説明書・箱(97×137×35mm)〈使用用紙〉箱、札:サンカード*デザイン変更のお知らせ(2021.12.27)「いろどりかるた」外箱、取り札のデザインが新しくなりました。セット内容、その他の仕様変更はございません。※閲覧環境により画面上の色と実際の色が異なって見えることがあります。ご了承ください。※紙のフチで手などを切らないように注意してください。※カードを飛ばして遊ぶなど危険な使い方をしないでください。※乳幼児の手の届かない場所に保管してください。※水に濡らさないでください。※火のそばに置かないでください。※長時間直射日光の当たる場所に置かないでください。退色する恐れがあります。※経年劣化により色が変わって見えることがあります。※用紙、印刷条件、見る環境により、同じ数値でも色に差異が生じます。
    ¥3,300
    niko plus STORE
  • もっとみる

最近の記事

絵本で北海道にワ〜プ!!サケ水族館を見に行こう!

みなさまこんにちは。niko plusの魚島です。 niko plusは、株式会社日光プロセスという製版会社のものづくりブランドです。私は主に商品のデザインや写真撮影、twitterでの発信などを行っています。 今回は『動画付き絵本 世界でココだけ!?「川の中まで水族館」のヒミツ』についてのお話をします。 これまでのniko plusの商品とは系統が違うので、「おや?」となった方もいるかもしれません。この絵本についてちょっとご説明したいと思います。これは株式会社日光プロセ

    • 【発売中!】コミュニケーションゲーム『沼にハマったきっかけは?』

      niko plus で制作したボードゲームをご紹介します。 こちらは「沼にハマったきっかけは?」のページです。 推し活を語ればその人が見える、かもしれない沼にハマる、推し活をする―― こんな言葉に聞き覚えのあるあなたに語ってほしい、 みんなの自己“沼”紹介。 存分に話をした後はトークを思い出しながら楽しく勝負しましょう。 何かを夢中で追いかけている人たちならばきっと盛り上がる 「オタクあるある」が書かれた質問カードを使って遊びます。 質問に対してそれぞれが語った話をカード

      スキ
      2
      • 【発売中!】コミュニケーションゲーム『バスタオルっていつ洗う?』

        niko plus で制作したボードゲームをご紹介します。 こちらは「バスタオルっていつ洗う?」のページです。 忘れたら勝てない、細かすぎる自己紹介 まずはカードに書かれたトークテーマで自己紹介。 ただし質問は型通りの自己紹介では語らないものばかり。 相手の「そうなんだ!」な一面を見つけられたら、しっかり覚えておきましょう。お互いの自己紹介がそのままゲームで使用するカードの答えになります。 こちらは神経衰弱式と早当てクイズ式で二通りの遊び方ができるので、 ゲームをする環境

        スキ
        3
        • 新作ボードゲーム 商品化間近!

          こんにちは、niko plusの企画制作を担当する高鳥です。 いよいよ制作中のボードゲーム商品が完成に近づいてきたので、今回は私たちがどんなことを考えながら新商品を作っていったのかを書いてみたいと思います。 これまでの制作の様子はこちら。 新作のテーマは…… 新作ボードゲーム2点のテーマは『自己紹介』です。 まずは新作のために様々なアイデアを出し合う中で、このご時勢で人と直接会って何かをする場が急に減ってしまったことや、その影響でコミュニケーションの取り方を見直す人が

          スキ
          2

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • カラーカードゲーム『いろどりかるた』

            niko plus で制作したボードゲームをご紹介します。 こちらは「いろどりかるた」のページです。 CMYKの数値から色を当てるマニアックなかるた 印刷物は4色のインクをかけ合わせることであらゆる色を表現しています。 それぞれのインクの割合を0~100%で細かく調整し、微妙な色の差を出すことができます。この時に使われる4色のインク名がC・M・Y・Kです。 この仕組みをもとに考えられた「いろどりかるた」は、インクの色名と数値だけを聞き、実際にできあがる色を予測するカルタ取

            スキ
            1
            • 新商品カードゲーム制作中!

              みなさまこんにちは。niko plusの魚島です。 niko plusは、株式会社日光プロセスという製版会社のものづくりブランドです。私は主に商品のデザインや写真撮影、twitterでの発信などを行っています。 今回は、以前お話しした新しい商品について、カタチになってきたのでチラッとお見せしたいと思います(^^) 以前の記事はこちら↓ 現在発売中のいろどりかるたは印刷のCMYKの数値から色の札を取るというかなりニッチなゲームでした。 ↑こちらはそのニッチさがおもしろい

              スキ
              4
              • 『いろどりかるた』お知らせ3点

                こんにちは、niko plusの企画制作を担当する高鳥です。 今回は自社ボードゲーム『いろどりかるた』についてのお知らせです! SNSでは先行して発信していた情報もありますが、noteでも改めてご報告させていただきます。 『いろどりかるた』とはその名の通り色の札を取り合うかるた遊びのゲームです。 少し変わっているのは出題に使う読み札がCMYK値で書かれていること。 印刷物は基本的に4色のインクをかけ合わせてあらゆる色を表現しています。そのインクがシアン・マゼンタ・イエロー

                スキ
                3
                • いろどりかるたに続く新商品開発中!!

                  みなさまこんにちは。niko plusの魚島です。 niko plusは、株式会社日光プロセスという製版会社のものづくりブランドです。私は主に商品のデザインや写真撮影、twitterでの発信などを行っています。 ちょっと変わってきたことniko plusは昨年1月からスタートし、月に2つ以上新商品を発売していました。しかし、7月からはクリスマス商品を除き新商品を発売していません。というのも、もっと多くの人にniko plusの商品を楽しんでもらいたいと、動いていたのです!過

                  スキ
                  4
                  • 一週間、日曜からか月曜からか

                    一週間のはじまり…ってどこ?こんにちは、niko plusの企画制作を担当する高鳥です。 皆さまは来年のカレンダーや手帳の準備はもうお済みでしょうか。 この時期に文具屋さんや書店さんへ行くと特設売り場が作られていて、眺めているだけでも時間が溶けてしまうくらい沢山の商品が並んでいます。あの中から一冊を選び抜くのはなかなかの重労働です。 そんなカレンダーと手帳。毎年こだわりを持って選んでいる方もいれば、おまけでもらった物をなんとなく使っている方もいるでしょうか。 私がカレンダー

                    • ちょっと気分を上げること

                      みなさまこんにちは。niko plusの魚島です。 niko plusは、株式会社日光プロセスという製版会社のものづくりブランドです。私は主に商品のデザインや写真撮影、twitterでの発信などを行っています。 前の記事で「やることを紙に書き出している」と言っていましたが、最近は表計算ソフトでやることを管理しています。すみません。。(^_^;)もちろん今も紙にメモもしています。うまく使い分けてスケジュール管理したいものです。 さて、もうすぐクリスマスがやってきますね。ni

                      スキ
                      2
                      • 1冊のノートを使い切って気付いた意識低めのノート術

                        こんにちは、niko plusの企画制作を担当する高鳥です。 一つ前の記事で魚島さんが紙とデジタルについて書いていたので、私も「紙に手書き」のいいところを別の方向から考えてみました。 ちょうどいいタイミングでこのテーマを考える切欠になる出来事もありましたので、こちらの記事ではそのお話を。 今年の1月に仕事用としておろしたノートをこの10月で1冊使い切りました。 A5サイズ・157ページのノートで、別売のフリーウィークリーとセットにして使っていました。少し厚めのノートと

                        スキ
                        32
                        • デキる人は紙にメモしない…!?いいえ、紙が好きなの。

                          みなさまこんにちは。niko plusの魚島です。 niko plusは、株式会社日光プロセスという製版会社のものづくりブランドです。私は主に商品のデザインや写真撮影、twitterでの発信などを行っています。 今回は、紙とデジタルについて最近思うことのお話です。軽〜い気持ちで読んでもらえるとありがたいです(^人^)なにとぞ。 デキる人のメモ術とは…? 先日、SNSで「デキる人は紙にメモしない」というような内容の記事を見かけました。えぇ〜!?私よく紙にメモするんだけど…デ

                          スキ
                          10
                          • いろどりかるた(プチ)リニューアル

                            こんにちは、niko plusの企画制作を担当する高鳥です。 いよいよ9月も終わり、遠くに年末の気配を感じはじめる頃ですね。 私は先日10月はじまりの2022年版手帳を開封して気分が上がると同時に、今年の残り時間を考えてへこむという複雑な情緒を味わいました。 さて、この度「いろどりかるた」のパッケージが新しくなりました! とは言っても全面変更ではなく、部分的な修正でより分かりやすいパッケージを目指したプチリニューアルです。 「いろどりかるた」はCMYKの数値から色を予想し

                            スキ
                            7
                            • 読書と映画の話

                              みなさまこんにちは。niko plusの魚島です。 niko plusは、株式会社日光プロセスという製版会社のものづくりブランドです。私は主に商品のデザインや写真撮影、twitterでの発信などを行っています。 今回は商品の話ではなく(ちょっとだけしますが)、本と映画の話をしたいと思います。 オススメ募集以前、niko plusの商品「レイヤーブックカバー」と「キロクのチケット」にちなんでこんな募集ツイートをしました。↓ このツイートに対してフォロワーさんがオススメして

                              スキ
                              7
                              • オープン社内報#2 niko plusが変わります

                                こんにちは、niko plusの企画制作を担当する高鳥です。 今回はオープン社内報として現在のniko plusの内側のことをお伝えします。 実は7月からniko plus、そして日光プロセス全体の体制が新しくなりました。 そこで私たち自身のために新体制で動き始めての2ヶ月を振り返りつつ、応援してくださる皆様にこれからのことをお話しできればと思います。 社内全体で新しいことに取り組んでいます niko plusを作る私たち日光プロセスはこの7月に社内の組織が大きく変わりま

                                スキ
                                6
                                • 透明な素材が好き。

                                  みなさまこんにちは。niko plusの魚島です。 niko plusは、株式会社日光プロセスという製版会社のものづくりブランドです。私は主に商品のデザインや写真撮影、twitterでの発信などを行っています。 niko plusの商品=紙もの?niko plusの商品は紙製の物が多いです。それは弊社が製版・印刷に携わっているからというのが理由の一つです。社内には色合い、質感、厚みが異なる様々な紙があります。普段から紙を扱っているので使いやすいというわけです。もちろん紙が好

                                  スキ
                                  7