見出し画像

1カ月食材費7,776円生活(前編)

 どうもNikaです。ご覧いただきありがとうございます。
今回は息抜きとして、ゲーム以外の事を記事にまとめようと思います。テーマは食費、理屈屋の考えた7,776円(税込)生活を綴ります。

自炊VS外食、人によって結論の違う考え深いテーマ

 生活に欠かせないものと言えば、衣・食・住、ですね。
この中で食費という話題は、よく話されるのではないでしょうか。私は今までに、いろんな身の回りの人と、自炊vs外食というテーマで話をしてきた経験があります。『外食(コンビニ買いも含める)ってやっぱりお金が掛かるんだな、そう思って自炊してみたけど3,000円くらいしか変化が無くて、やめてしまった』そんな話も聞きました。実際3,000円の差は年間36,000円なので、大したモノだとは思うのですけどね。
ちなみに、その人は3,000円の差で料理時間を短縮できるのなら、自分の研究(勉強)時間にする、そういう考えでした。それももちろんアリだと思います。

 この話題はいつも、何かのタイミングで思い出して一人ブレインストーミングをするワケですが、最近またその時期が来たようです。
そこで今回、自炊している時に食べている食事量、について考えてみようと思いました。自炊をしているのに安くならない、ならば、一体何にお金を使ってしまっているか、これを紐解こうと思います。

何故、7,776円(税込)と言い切れるのか

 いろいろと理由がありそうなので、定期的にじっくり考えようと思っているわけですが、まずは食費の設定をします。普段だと『1カ月1万円』としてスーパーで食材を買ったりするのですが、今回は全て100円ローソンで食材を購入し、日々の食事としていきます。
スーパーの食品群は時価に合わせて値段が左右するので、1食分の価格が変わりますし、そもそも毎回1食分の食費を計算した上でご飯を作るのは、ちょっと、飽きました。メンドくさい(ぉぃ

 100円ローソンであれば、一部商材除いて108円と価格変動は無いですし、1点108円のものが何食分になるか、と食費計算もラクチンです。ポイントもつきますので、食費の設定は4点432円(ポイント+2P)を5日のうち3回(1296円)と、します。それをパターンにして6回(30~31日)繰り返します。なんとなくですが、自炊を普段しない人が意気込んで自炊をすると、作りすぎて食べ過ぎているんじゃないかな、と思ったのです。それを実践編(後編)として、また記事をまとめたいと思います。

 このあたりで本記事を締めます。ちなみにゆっても1日3食は難しそうであり、1日2食の生活での参考データしか取れなさそうです。それでも、1食牛丼食べて後は炭酸水で我慢...という生活はしなくて良さそうです。ちなみに今夜の夜ご飯は、ミートスパゲッティ(ソース(1/3)、パスタ400gのうち80g(1/5))、6個の冷凍コロッケ1個(1/6)、5個冷凍から揚げ1個(1/5)、150gコールスローサラダ50g(1/3)なので食材費約122円ですが、コンビニ弁当1食分ほどの食べ応えはありました。ご馳走様でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2
動画の編集にチカラを注いでいます。【映像美よりもテンポ重視!】 :現役フリーランスで動画制作と編集を月30~40本対応、たまにYoutubeでゲーム実況してます。: note→編集作業を細かく研究した記事や、気になったゲーム記事をまとめております。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。