お勉強190:前立腺がん、リンパ節の謎

お勉強190:前立腺がん、リンパ節の謎

前立腺全摘をするときに
外腸骨のみの郭清か
外腸骨・閉鎖・hypogastric (?)の拡大郭清かの比較試験
(アブストしか読めてません)

メモリアルスローンケタリングの単独試験
N=1440例!!
3.1年の観察期間中央値で生化学的再発変わらず…

ただ、両群で郭清リンパ節個数はほぼ変わらず、ってのが。
引っかかるところ。リンパ節陽性率も変わらず。

拡大郭清が意味ないなら、
初診時に骨盤リンパ節照射もイマイチに
なっちゃうのはしょうがないのか…

ただ、前立腺全摘後の再発時にPSMA-PET撮ると
かなり骨盤リンパ節は多いようだし、
実際、ある程度の群ではsalvage時に骨盤を含めた方が
良いというデータも確かあったと記憶している。

なぜ初期治療ではだめなのか、というのが謎。
初期治療時にPSMA-PET撮るとどうなんだろうか…


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中堅放射線腫瘍医。癌関連の記事を書き綴る予定。