見出し画像

香港旅行100枚の写真

香港旅行での写真を100枚お届け。ただの旅行エッセイではなく日本人が中国語を勉強して香港を見て感じたことです。中国語を勉強している人は「なるほど」と思う点が特に満載です。本屋のガイドブックにはない内容をどうぞお楽しみください。

はじめに

こんにちは。普段はサイトで「中国語おすすめ勉強法」を書いています。記事数は200を越えました。下記のサイトが大学でいうところの教養課程のような感じです。本屋のテキストでいうところの基礎講座です。講座といっても遊び心満載で書いています。その方が語学は身につくからです。

>>メインサイト(中国語おすすめ勉強法)

香港の写真100枚

香港の旅行の写真100枚をアップします。香港がどんなところか感じてください。課外授業のような感じです。各写真に中国語を勉強する目線で感んじたことも書いていきます。


中国語(普通話)は通じるのか?

英語のイメージがあるけど。。。

広東語を話しているんでしょ。

中国語を勉強している人だったらこんな疑問があると思います。実際は果たしてどうだったのか?写真を見ながら香港に行った気分になってください。


中国語を勉強する目線での香港

1.香港人どうしは広東語を話している

2.中国語(普通話)は通じる

3.香港人は英語が上手い

4.香港人の英語の位置付

5.じゃあ香港で中国語(普通話)は通じないのか?

こんなことも写真に付け加えていきますね。


価格設定

価格設定に迷いました。香港旅行よりはもちろん安い設定です(笑)わたしが住んでいるところから繁華街に行く電車が片道300円です。なので逆に繁華街からわたしに会いに来てくれて、香港のフォトアルバムを見ながらお話する価格にしました。気になる人のところにフォトアルバム(写真)を見に行く感覚です。300円(電車賃)×2(行きと帰りの往復)=600円。もしリアルで会うとしたらこの交通費は自然と掛かるということです。この600円にスタバのコーヒー代400円くらいを足しました。スタバに1回行っておしゃべりしながら写真を見た価格です。1回お茶する費用をいただく感覚です。遠方や海外の人は遠くから来る設定ではないのでお得ですね。これがインターネットの革命なのかもしれないと思いました。結局1000円です。


いざ!繁体字の香港へ

それでは写真100枚を見ながら香港の小旅行にいざないます。


追伸

写真を100枚にしようと思ったんですが、香港滞在が楽しすぎて、いい写真がたくさんありすぎて、どうしても選びきれなくて、20枚追加しました。合計120枚です。各写真のコメントの文字数も1万字以上になりました。読み物としてもボリュームがありますよ。

この続きをみるには

この続き: 10,028文字 / 画像120枚

香港旅行100枚の写真

中国語勉強のコツ@ジョンラオ

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中国語勉強のコツ@ジョンラオ

サポート投げ銭はいりません!そのかわりnoteやSNSで無料でできる「スキ」「いいね!」「シェア」をしていただけるとうれしいです。

我喜歡你
現在は中国語講師。社会人になって10年以上経ってゼロから始めた中国語。今では通訳販売の依頼が殺到。上達した経験をもとに勉強方法を紹介 。まずは500単語無料メルマガという人はこちら https://nihaoxiexie.link/study/magazine.html