見出し画像

Halló journal 2019 / 6月のこと

Halló journalと題して、アイスランド・フィンランド旅行記のZINEを発行したのがもう約4年以上前。Vol.2を制作したいと思いながら時は過ぎ…今年から、ひと月ごとに日々の生活雑記を”Halló journal”として綴ってゆきたいと思います。
とりとめのない内容になると思いますが、ドイツ・ベルリンでの生活しながらおもうことあれやこれや、もしご興味があればお付き合いください。
※今回は休暇で6月最後の週に家を空けていたために少し遅刻気味の更新です。

6月末、仕事の休みをとり北ドイツ、デンマークやスウェーデンの向かい側にある小さな島に行っていました。ベルリンから快速電車で約3時間半、さらにフェリーで1時間半ほどの場所に位置する島です。友人のお気に入りの場所…ということで一緒に連れて行ってもらいました。
浜辺や滞在していた宿では、スマートフォンの電波もあまり届かずほぼオフラインで過ごした8日間。お腹が空いたらご飯を食べて、眠たくなったら昼寝して、積読状態だった本をじっくり味わって…頭も身体もたっぷりとゆるめることができました。レストランでは魚料理も種類が豊富だったり、港ではフィッシュサンドイッチも買えたり…ベルリンでは日々魚に飢えているので、お腹も満たされる充実した休暇でした。
島でのことは色々と書き留めておきたいのですが…今回のことはZINE「Halló journal vol.2」でまとめらたらいいなと思っています。
というのも、日本に来年1月一時帰国するための航空券をとりました。せっかくの機会だから!という気持ちで、東京で友人との二人展を開催する予定です。そこで「Halló journal vol.2」も発行しようと考えています。詳しくはまたこれからお知らせしてゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年秋に日本を飛び立ってから、一度も帰省することなくベルリンで暮らしていたことになります。3年以上日本を離れていたことを考えると、帰ってきたら浦島太郎かな?と気構える一方で、案外ケロッと違和感無く日常を過ごす気もします。友人それぞれには家族が増えたりしているので、やっと対面出来るかと思うととても楽しみです。

◇ ◇ ◇

私が月末にベルリンを離れている間、ベルリンにも熱波が来ていたようで日中35度を超えたり、フランスでは40度超えを記録したり…大変なことになっていたようです。クーラーがない家がほとんどなので(私の部屋もありません…)扇風機でなんとかしのいだという声を聞きました。
日本は梅雨が明けて夏本番が始まるところでしょうか。どうぞ夏バテなどお気をつけてお過ごしくださいね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

目に留めていただいてありがとうございます!

興味を持っていただけてとても嬉しいです!
11
イラストレーター・ダイモンアヤカによる雑記"Halló journal online" 。2016年秋からドイツ・ベルリンで暮らしています。/国内外問わずイラスト制作のご依頼承っています。お気軽にご相談ください。Email: info@ayakadaimon.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。