見出し画像

選べるという豊さ。選択型集中講座ッッ!!!




皆さん、一度は考えたことはありませんか?

 

小さい頃、家族とファミレスに行って。

雪とか降ってるのかな、たぶん。
手すりに積もった雪を手のひらで除雪車みたいに落としながら歩いて。
店の中に入ったらあったかくて、お肉の匂いがして。

お父さんが「今日はなんでも食べていいんだよ」っていってくれて。
宝の地図を広げるみたいにしてメニューを開いて。

そうして、思いますよね。




そして年齢を重ねた今も思いますよね。








ど っ ち も 選 べ ば い い じ ゃ な い で す か 。



どっちも選べばいいんですよ。
ファミレスだったらミックスグリルを頼めばいい。
ポケモンだったらどっちも買って2周すればいい。
今はね、多様性の時代ですよ。豊さって選択肢が多いことですよ。


(あなたの行動や発言に対して「多様性の時代だからしょうがないか〜」とか言っていやな態度を取ったりする方がもしいれば、優しく首をトンっ…として気絶させましょう✨)


ほんでもってですね、今このnoteをご覧の高校生の方の中には、こう思ってらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

「ニチデに興味はあるけど、どの学科に入ればいいか分からない…」

と。


安心してください!!!!!


そんな方におすすめなのが、卒業した後にもう一度入学し直すという方法
夏の特別授業で行われた選択型の「集中講座」です。


( -᷄ω-᷅ )💭集中講座って何…?防虫効果しかわかんなぃょ…

という方のために簡単に説明すると、集中講座(特別講座)とは…
・夏と冬にある特別なスタイルの授業で
・学外、学内問わずいろんな場所で勉強できる
・普段とは違う環境の学びの時間

例年だと、科ごとに分かれて講話を聞いたり、どこかへ見学に行ったりするのがお決まりでしたね。


ですが、今年のニチデは一味違いました。


「他の学科の子と交流してみたい」「普段しない勉強をしてみたい」

そんな声に応えるべく、今年の夏の特別授業では、集中講座として他科の授業を体験できる試みを実施しました。

つまり。
マンガ科の学生さんがデザインを勉強したり、
クリエイティブデザイン科の学生さんが写真を勉強したり、
逆にあえてコミックイラスト科の学生さんが更にイラストを極めたりすることも可能ということです。

楽しそっ。




「ーーーというわけで、皆さんにはこの中から好きな授業を選んでもらえればと思います」

note担当が担当するクラス(ややこしいな)も、にわかにざわめきます。
学生さんの顔を見ると、この感じーー。パン屋で「どれにしようかな、全部美味しそうだな」と思いながらトングをカチカチ鳴らす時のあの感じ。あの感じです。

今夏実際に開催した授業は14種類!迷うのも無理はありません。

例えば「After Effects講座」でアニメ作りをしたり、「イラレ/フォトショ初心者向け講座」では将来役立つスキルを身につけたり。イラストが好きな人は「魅力的なキャラクターの表情を描こう」という講座に参加したりもしていましたね。
ちょっと変わったものだと、「八木山動物公園デッサン」「ドローン実習」「パーソナルカラーの勉強」もありました。

※今年の実績なので、来年同じ内容で実施するとは限りません。ご了承ください!

それでは、少しだけ当日の様子を見てみましょう!


水彩に挑戦するクリエイティブデザイン科の学生さん


3Dモデリングに挑戦するコミックイラスト科の学生さん


デッサンの基礎を学ぶゲームCG科の学生さん



洋画でよくある円になって悩みを打ち明け合うやつ!?!?!



パーソナルカラーのお勉強でした。



背景を極めるコミックイラスト科の学生さん 実際に背景を撮影に行ってて、楽しそうでした!



操作系の念能力者!?!?!?!?!




ドローン実習でした。楽しそうだから来年はついていきたいなあ。





こんな感じで今夏はニチデの学生さんにとって刺激的な時間を過ごすことができたようです。
普段と違う環境で、普段と違う事柄を勉強する。遠いようで繋がっていることがほとんどのクリエイティブ業界です。今回得た学びを、自科での創作に生かしてほしいですね!

そしてそして!他の学科の学生さんとの交流にもなるし、また実施できるといいなあ…と思わずにはいられないnote担当です。

また実施できるよう、星に願いを〜★*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


(終わり)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!