見出し画像

NHK公式 「取材ノート」、はじめます

NHK取材ノート

はじめまして、「NHK 取材ノート編集部」です。
ご覧いただきありがとうございます!

このたびNHKの報道の記者を中心に「公式note」を立ち上げることになりました。

キャッチコピーは「取材ノート、ひろげます」

コピー

この記事は「NHK 取材ノート編集部」の最初のページです。

まず私たちがなぜ「note」を立ち上げたのか、どんな場所にしていきたいのか。「取材ノート、ひろげます」というコンセプトに込めた思いとともに、お話します。

どうしてNHKの記者たちが「note」を?

編集部は全員が「報道記者」としてキャリアを重ねてきました。20代、30代が多く、行政や医療、災害、デジタルなど、専門分野はさまざま。全員に共通しているのは「テレビ」というメディアを主な場所として「ニュース」を伝えてきた経験です。

「テレビ」

このメディアが持つ影響力の大きさや魅力を私たちは実感し、信じ、誇りを持ってニュースを伝えてきました。一方、テレビで放送できるニュースは1本あたり数十秒から数分程度。

「取材結果の100分の1も伝えられなかった」

そんな経験を編集部の誰もが持っています。
でもそれぞれの「取材ノート」には、伝えきれなかった「熱量」がびっしり詰まっています。

画像2

ノートには事実関係や相手の発言だけでなく、取材先のちょっとした反応や感じた疑問、自分の気づきなども書き込みます。それらが積み重なった「取材ノート」は私たち取材者の思いのかたまり、そのものだといえます。

「取材ノート」に詰まっている熱い思いや取材ストーリーなど、伝えきれなかったノートの中身を伝えたい。それがわたしたち編集部の立ち上げのモチベーションであり、原点です。公開できる範囲のノートを、みなさんにお伝えしたいと思います。

そのモチベーションを実現する場として、多くの人が長文で熱量ある記事を投稿している「note」という空間は最適だと考えました。
多くの人に「取材ノート」の熱量を感じてもらうことで、視聴者、読者ともっとつながりたい。そんな思いで「note」を立ち上げたんです。

NHKの「note」でしか見られないものを

では具体的に「note」でどんなことをしていきたいのか。

普通のNHKニュースでは見られないものを見られる、ここでしか得られないものを得られる空間にしたいと思っています。

具体的に大切にしたいことは3つです。

***

1.「取材ノート」、お見せします

まず第一に考えているのが「取材ノート」を見せることです。NHKにはさまざまな取材者が、さまざまなフィールドで取材を行っています。
事件、災害、経済、医療、スポーツ、中には「昆虫」をテーマに扱う名物記者も実在します。

取材をするのは記者だけじゃありません。アナウンサーやディレクター、カメラマン、編集担当などたくさんの人たちがいます。

「ニュースを伝えているのはどんな人たち?」
「あの企画の取材者はどんな思いだったの?」

これまで「テレビの向こう側」にいた伝え手たちの「取材ノート」にスポットをあてて、それぞれが抱く熱い思いや「こだわり」、そして伝えきれなかった取材ストーリーを、取材者の横顔や素顔も見える形で伝えたいと思っています。

記事を準備中ですので乞うご期待、です。

2.「取材ノウハウ」も公開します

次にこちら、「取材ノウハウ」です。
これまで私たちは取材の結果を「ニュース」としてお届けしてきましたが、その「過程」や「ノウハウ」の部分はほとんど公開していませんでした。取材過程はニュースではないという考えからです。しかしこのnoteではそうした「非公開」だった部分も公開していきたいと考えています。

情報公開請求などを利用して不正を暴き出す「調査報道」や、オープンデータを利用して情報の可視化を試みるなど、新たなジャーナリズムの模索も始まっています。

そうした取材過程やノウハウも公開していくのは、それがニュースそのものに深みと意味を持たせ、何より興味・関心を持っていただくことにつながると考えているからです。
そして、そうしたノウハウを共有できる場にもしたいと思っています。

こうした発信を通してニュースへの視点が増え、ニュースそのものの見方を変える事につながれば、こんなにうれしいことはありません。

3. “みなさんとつくる”ノートを目指して

そして何より「note」で試みていきたいこと。
今回、みんなで話しあってたどり着いたコンセプトの、

「取材ノート、ひろげます」

ここには「取材する人たちの熱量を伝える」という意味を込めていますが、それだけではありません。

広げた「取材ノート」にみなさんの思いも書いて、一緒にノートを作っていきたい
という思いも込めています。

例えばNHKではこれまでも「#あちこちのすずさん」というハッシュタグで、戦時中のエピソードを募集しました。すると映画「この世界の片隅に」のすずさんのように、戦時中、懸命に暮らしてきた人たちのたくさんのエピソードが寄せられ、お伝えすることができました。

「note」という空間でも、さまざまなテーマでみなさんが身の回りで感じている「困ったこと」や「変えたいこと」「良くしたいこと」などの声をいただいて「ニュース」につなげていく場所に成長させたい。

この「取材ノート」から、いろいろなものが新たに生まれていけば。そんな思いでいます。

***

長くなってしまいました。最後までお読みいただきありがとうございました。
今後ともNHKノート編集部をよろしくお願い致します。

それでは「NHK取材ノート」、はじめます。


画像4


この記事が参加している募集

自己紹介

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
NHK取材ノート
NHKのニュースや番組をつくっている私たちが取材に込めた思いや取材手法などをお話します。一緒に「取材ノート」をつくっていきましょう。サイトはhttps://www.nhk.or.jp/d-navi/note/ 利用規約はhttps://nhk.jp/rules