見出し画像

新しい財産管理制度を学ぶ【まもなくはじまる】

令和5年4月1日に施行される民法で、新しい財産管理制度が始まります。この制度について、研修会があり参加してまいりました。

新しいだけでなく、種類もあり、難しい内容でしたが、午後をまるごと使って、しっかりと説明していただきました。

日本にある土地のうち、持ち主がわからなくなってしまっているものが全体の4分の1にもなるそうです。この問題を解決するために、相続登記が義務化されることが決まっています。

持ち主のわからない土地の中には、適切に管理されていないものもあれば、一方で、譲り受けて使いたいと求められるものもあります。しかし、持ち主がわからなければ、連絡もとれず、困る場面があるものです。

そこで、新しい財産管理が創設されることになりました。これまでも、行方不明な人の財産を代わりに管理する制度はありましたが、人ごとに財産管理人がつけられてしまうため、内容が過剰であり、費用も高額になってしまうために使いにくい場面がありました。

今般、導入される新しい財産管理制度である所有者不明土地建物管理制度や管理不全土地建物管理制度は、不動産ごとに管理人を選んでもらうことができるため、必要な部分だけを処理することができるようになります。

大勢で共有している土地でも、不動産ごとに管理人がつけられるので、使いやすい制度となるものと思います。また、管理されていない土地の中には、遠方に住んでいたり、施設入所者となったりしてしまい、現地に行けなくてやむを得ず放置してしまっている土地もありますが、管理不全土地管理制度を使うことで、うまく解決できる場面もありそうです。

人口減少、少子高齢化にともない、不動産に対する関心が変わってきていますが、しかし、国土を保全するためには適切に管理されていることも求められます。所有者が実質的に放棄してしまっている不動産でも、欲しい方に円滑に譲れる仕組みが求められています。

新しい財産管理制度が早く普及し、使い勝手の良い仕組みとなることを期待します。

この記事が参加している募集

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
野田啓紀@よく食べる司法書士

ぜひ、私の活動にご支援ください。より多くの方に優良なコンテンツをお届けするため、全力を尽くしてまいります。