台風19号 未来を担う中学1年生の記録

長野市の中学校1年生の記録を読んだ

災害に直接あわなかったものの、今回の水害に程近い地域で生活している生徒の手記

画像1

今日(台風から数日後)、台風19号について思ったことを書きます“未来をつくる”これは技術面でもそうだし、気持ちの面でもいえることですが、この19号でなくなってしまった人たちは、自然の力によってなくなってしまいました。技術が進歩している中でも救えなかった命です。今、被災地の復旧活動をしていると思いますが、それがすんだら終わり。そうではいけないのです。誰だって死者はいなくなって欲しいですよね。しっかりと19号を振り返って、どこが悪かったか、どこを変えればいいか、じゃあ、そのために何をするかをきちんと考え、それを実現し、未来の自然災害にたいして、「しっかり人を守る。命を守る対策」をする。そうすることで、今とは違う未来をつくっていけると私は思います。


私たち大人は、この子たちに、何ができるのか

この子たちに、何を残すべきか

何をつくっていくのか


真剣に考え、実際に行動していかなければならないと心に誓いたい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ナガノスタイル 長野スタイルは、長野のカルチャーの、今をつなぎ、未来につなげたいという思いで、wheel系を中心にしたネットワークです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。