はじめての瞑想 マインドフルネス

今日は表参道にあるアロマショップニールズヤードレメディーズで開催された「はじめての瞑想 マインドフルネス」を受講してきた。私にとってはマインドフルネス瞑想の講座を受けるのは初めてだったので、文字通り「はじめて」である。

家ではアロマを焚いて良い香りの中で瞑想するので、「香り(アロマ)+瞑想」のコラボレーションがあったらいいなと検索したらぴったりの講座が見つかった。いつの間にかお金が減っていくより、自分の(心の)ためになることにお金を使おう!ということで申し込んだ。

講師は飯塚えみ先生。オーストラリア在住で講座がある時に日本に来るとのこと。穏やかで柔らかい笑顔でスタジオに迎え入れてくれる。

AHをやっている、自己流で瞑想をやっているというのはひとまず脇に置くことにした。参加している講座は初めてなのだから、いつでも何でも初めての気持ちは大切だ。Like a virgin. 好奇心は経験と学びの助けになる。

まず安心したのは、レジュメに「瞑想には数百種類の方法があると言われます。その中で自分にあった瞑想法を選びましょう」と書かれていたこと。これからマインドフルネス瞑想を学ぼうとしている私は、いくつかの講座に申し込んでいる。その中で自分に合うと感じるものを探して自分の中に落とし込んでいきたいので、選択できるという点がいい。こうやって数百種類に派生していったのだろう。

理論と実践のバランスが良かった。理論ばかりだと(大切なことではあるが)、話を聞いていることが多くなるし、実践ばかりだと説明が少なくてどう瞑想したらいいのか分からない。そう感じることがなく、発見に満ちた楽しい3時間があっという間に過ぎた。


金魚以下

頭の中は雑念だらけだ。導入があって最初の瞑想に入る。外の声や音が気になる。その後3分相手の話を聴き、2分フィードバックするというペアワークをやったのだけど、相手の話を聴いているようで頭の中の自分の声を聴いている。「なんて言おう」「ちゃんと聴かなきゃ」「どうやってまとめよう」「まとめられなかったらどうしよう」「聴くことはAHでやってるのに全然できない!」「ていうかAHではフィードバックしないし」そんな雑念が文字になって頭の中を埋め尽くす。ひゃー。AHを置こうと思ったのに雑念が大暴走しているではないか。集中力の無さに愕然とする。

金魚の集中力は8秒だそうだ。それに対して人間の集中力は7秒。人間の集中力は金魚以下だ。それでも以前は15秒だったらしいが、あるものの出現によって半分になってしまった。そのあるものとは、スマートフォンである。

スマホ依存とマインドフルネスについてはこちらの記事に詳しく書かれているので参考にしていただくとして、金魚以下の集中力とは驚いた。今や情報と簡単に繋がることができる。常に情報が流れてくる。そりゃ脳は疲れるって。瞑想は脳を休ませる。本当に必要で欲しい情報を選ぶ力がなくなりそうなので私はSNSをやらない。そのうちスマホ外来ができる日も来るかもしれないね。


あなたの思考はあなたになる

脳の仕組みについても説明がある。聞いてはいたものの自分の言葉で説明できるまでに至っていないので割愛するが、しっくりきたのは脳の可塑性(かそせい)の話。可塑性とは固体に外力を加えて変形させ、力を取り去ってももとに戻らない性質のこと。つまり「あなたの思考はあなたになる」「繰り返し思うことはその通りになる」ことだ。

頭の中で常に考えていることが現実になっていく。この可塑性に繋がるかもしれないが、私は瞑想の後に必ずアファメーションをやっている。一日に何度やってもいい。自分に対して肯定的な言葉をかけていくことを始めて一ヶ月が経った。

今やっているアファメーションは「自分を愛し、ゆるし、信用する」ということ。朝目覚めた時、夜眠りに入る前、日中ふと気が付いた時、いつでも自分を愛し、ゆるし、信用しているということを自分に語りかけている。

私ってダメ人間。自分が許せない。あの人が許せない。どうして私はこうなんだろう。

そんなことばかりを思っていると、確実にダメ人間になり、自分を許せなくなり、あの人のことも許せなくなり、自分に「どうして?」を繰り返すことになる。どうして?の後には否定的な言葉が続くようになっている。いつまでも自分を否定し続けることになる。

そんなことを聞いたら、許せないとか大嫌いとかそんなことを常に思っているのは自分を苦しめるだけだなと思った。自分を不機嫌にしているのは自分なのだ。嫌われる方は何も害がない。嫌う方が繰り返し繰り返し自分に毒を盛っている。誰かに「あなたを許せない」と言われたら、不快ではあるけれど自分さえ自分をゆるしていれば害はない。許せないと言い続ける側がいつまでも自分を許さないしゆるされない。今の私は「ずっと許さないでいいよ」「ずっと嫌っていていいよ」「好きなだけディスっていいよ」と言われる方が嫌だ。そんなことを言われたらすぐにゆるして手放す。


自分の中を旅する

呼吸にこんなに意識を向けたことがない。意識しなくてもしていることだからだ。心臓を止めたり、体温を上げ下げしたり、消化を促したりはできないが、呼吸は唯一コントロールできる。

自分でも腹式呼吸をしながら瞑想していたけれど、それはただ呼吸していただけだ。呼吸の始まりと終わりを意識すると、鼻の孔、鼻腔、喉の奥、肺、下腹と息が自分の中を旅しているようだ。意識を体に向けるだけで雑念が出てこなくなる。15分のボディスキャンをして体の感覚に意識を向ける。3分ハミングしながら呼吸をして、最後に2分深い呼吸をした。

何もなくなった

3時間前、最初の瞑想をした時には「外の話声が気になる。静かにしてほしいな」「ヘリコプターの音がなければいいのに」などあれだけ雑念があったのに、最後は周りの音が聞こえないほど何もなかった。隣の人と体験をシェアしても同じことを言っていた。

普段の生活の中で何もないことはなかなか経験できないが、呼吸を意識することで自分の内側に集中できるようになり、何もない状態を自分で作ることができる。


今、ここ

講座の話は終わり、今自分がやっていることのまとめだが、カウンセリングでもAHでもそして瞑想でも「今、ここ」が大事なのだなと改めて確認できた。分かってはいるけれどそれがとてもとても難しい。AHでは過去と未来を手放して今に集中して聴くこと、評価を脇に置いて聴くことを繰り返している。普段私たちは過去のデータベースを見ているし、過去のデータベースを通して未来も見ている。今、ここに留まることができるように呼吸に意識を向ける。

雑念が流れてきたら、その感情にラベルを付けて、ただ「ある」ことを認めて流していく。拾い上げない。来たものを流していく。ムーディ勝山の「右から来たものを左へ受け流す」だ。

「今、ここ」は誰も傷付けない。「今、ここ」は安全な場所である。

----------

書きたいことがいっぱいありすぎてまとまらない。あれもこれも良かった。AHと瞑想の共通点もあって、改めてAHも瞑想もこころの平和に繋がるもので、やっていて良かったと思った。

瞑想というと「なんか怪しい」「宗教チック」と捉えられがちだが、宗教色を除いたのがマインドフルネスだ。セラピー系とビジネスに応用系の2つが主流になっている。スティーブ・ジョブズもイチローもやっていた。関係ないけど、スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式でのスピーチが好きなんだよね。特にここ。

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma -which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.
あなた方の時間は限られています。だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。ドグマにとらわれてはいけない。それは他人の考えに従って生きることと同じです。他人の考えに溺れるあまり、あなた方の内なる声がかき消されないように。そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです。

アメリカではマインドフルネスがストレス対処策として普及しているけれど、日本でも広がってきているように思う。とはいえ周りでやっている人はいない(言わないだけかもしれないが)。

アメリカで職業カウンセリングが生まれたのが1908年。日本がカウンセリングの理論と技法を導入したのが1950年代後半。カウンセリングにおいては日本はアメリカに50年の遅れを取っている。AHもアメリカの精神科医ジェラルド・ジャンポルスキー氏が始めたものだ。文化の違いもあるだろうけど、認知され浸透していくには時間がかかる。

カウンセラーが増える世の中になるということは本来は望ましくないと聞いたことがある。それだけ心の病が増えているということだ。でも増えることは止められない。その中で自分でできるメンタルヘルスの方法としてマインドフルネス瞑想は効果が有ると実感している。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私をスキ♡に連れてって
12
こころの平和の選択を実践中です。 芥川龍之介の短編小説「蜜柑」が好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。