見出し画像

UIデザイナーがグラフィックデザインに挑戦してみた

こんにちは!「LINE」の子会社「ネクストライブラリ」で働くデザイナーのホーリーです。今回はネクストライブラリのロゴや名刺などのコーポレートアイテムをご紹介します。

現在2名のデザイナーがいます。基本的にUI/UXデザインをしていますが、その他にもプロトタイピングやロゴなどのグラフィックデザインと幅広く業務を行なっています。今回は昨年デザインした名刺と封筒のデザインをご紹介します。


ロゴ

シンプルで普遍的な印象にするため、Arialをベースとしたロゴにしました。白・グレー・黒とモノトーンによる展開をしています。普段はRGBで色を選んでいますが、グラフィックとなるとCMYKでも色を選ばないといけないのでその辺で少し苦労しました。


名刺

用紙はカラープランのクールグレーを使っています。表はロゴ、裏は社員情報という構成。国内に出回っている90%くらいのグレー色紙を見に行って選びました。一般的な名刺よりも少し厚みのある感じに仕上がっています。UIだと直ぐに色の確認はできますが、グラフィックとなると色校正などしないと確認できないため色選びの難しさを痛感しました。


名刺ケース

名刺を入れるためのケースもデザインしました。100枚で1ロットになっているので、100枚入ったときに取り出しやすいように寸法を入念に検討しました。紙の色は名刺が映えるように暗めのものを選び、コントラストを出しています。市販されてるお菓子の箱を分解して箱の構造を調べて、社内でモックアップを何個も作って図面を作成しました。


封筒

名刺に使った用紙は薄いものがなく、封筒には不向きだったため色味の近いグレーの色紙を探しました。社内プリンターを詰まらせてフロアの社員にメールを送るというトラブルもありましたが何とか出来上がりました(笑)


UIデザイナーが気をつけたいこと

■色は基本CMYK
普段使っているRGBではなくCMYK。色を選ぶための色見本もある程度揃えたほうが良さそうです。最終的な色の確認は印刷されないとわからないので注意。印刷会社によっても出る色が若干違うらしいです。

カッターや定規などの文房具は必須
UIをやっていると基本PCだけでよいのですが、グラフィックデザインとなるとモック作成などでカッターや定規などの文房具類は必須でした。


都内で紙を選ぶならココ便利

用紙が購入でき相談もできる見本帳店に行って紙選びをしたのがすごく良かったのでオススメ店舗をご紹介します。グラフィックデザイナーさんならご存知だと思うんですが、竹尾と平和紙業に行けば大体の紙は見つかりそうです。

竹尾 青山見本帖 (他の店舗より大きいサイズをすぐに購入できます)

平和紙業 ペーパーボイス東京


最後に

現在エンジニアや編集者など募集中ですのでご興味ある方はこちらからどうぞ。デザイナーの方はTwitterでDMでお声がけしていただけますと。Dribbbleアカウントはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ、ありがとうございます!
5
LINEの子会社「ネクストライブラリ」で働く、なっつ&ホーリー&ななみん&おかもと&オーデによるほのぼのブログ。 「NAVERまとめ」を運営している会社です。 https://matome.naver.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。