スクリーンショット_2019-12-14_18

アートニュース : "壁に貼り付けたバナナ"に1,600万円

12月8日に閉幕したアメリカ最大級のアートフェア「アート・バーゼル・マイアミ・ビーチ(ABMB)2019」にて、現代美術ギャラリー「ペロタン」のブースに出展されたのは、なんと灰色のスコッチテープで壁に貼り付けられた1本の”バナナ”。

大衆文化や権威に対して皮肉で超現実的な彫刻を発表することで知られているアーティスト、マウリツィオ・カテランによって制作され『Comedian』と題されたこの作品は、2つのエディションが約1,300万円の価格で個人コレクターによって購入され、3つ目のエディションは約1,600万円で美術館が購入予約していた。

同ギャラリーの創設者エマニュエル・ペロタンによれば、「購入」という過程も作品の一部であり、「証明書がなければこの作品は物質的な表現に過ぎません。誰かが買ったという事実が作品を作るのです」と話している。
実はこのフェアに展示されているバナナ、ペロタンがマイアミの食料品店で購入したものとのことだ。

しかし、フェア最終日の前日に思いもよらぬ事件に見舞われる。
ニューヨークを拠点に活動するアーティスト、デビッド・ダトゥナがバナナを壁から剥がして食べてしまったのだ。
彼は事件後、一部始終を収めた動画をInstagramに『Hungry Artist』というパフォーマンスと称して公開し、「マウリツィオ・カテランの作品とそのインスタレーションが大好きです。とても美味しい」とコメントしている。

尚、ペロタンはバナナを食べてしまったダトゥナの行為に対し、法的措置を取らないとしている。
1,600万円の作品としては、別の新しいバナナを用意するそうだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
ポップアートやストリートアートを基軸に世界中からセレクトしたアート作品をお届けするギャラリー。 一部アーティストの作品はオンラインストアにてお求めいただけます。 https://newyorkgallery.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。