ART NEWS : 書籍『バスキアイズムズ』11/21刊行

この秋、六本木の森アーツセンターギャラリーにて大規模な回顧展が開催されたことでも記憶に新しいジャン=ミシェル・バスキア。その彼のインタビューや記事、会話の録音記録など様々な資料から200あまりの言葉を集めた『Basquiat-isms』の邦訳本『バスキアイズムズ Basquiat-isms』が11月21日(木)に全国の書店にて刊行。

本書は「プロセス」「影響を受けたものとヒーローたち」「ニューヨーク」「アート」と題された四部構成になっており、彼の用いたテクニックや幼少期から名声を掴むまでの経験、自身のアートに対する視点など、様々な角度からアーティストとしてのバスキアに迫ります。コンパクトなサイズで手軽に読めるのも魅力の一冊です。

編集はアートコレクター、プロデューサーのラリー・ウォルシュ、翻訳は美術ライター、翻訳家の河野晴子が担当。

「バスキア展」で興味を持った方も、以前からファンだという方も、ぜひご一読を。

『バスキアイズムズ Basquiat-isms』 1,800円(税別)/美術出版社

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
ポップアートやストリートアートを基軸に世界中からセレクトしたアート作品をお届けするギャラリー。 一部アーティストの作品はオンラインストアにてお求めいただけます。 https://newyorkgallery.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。