見出し画像

ニュートラの学校|塩瀬隆之さんの新規講座が決定!(12/21@京都伝統産業ミュージアム)

New Traditional

「ニュートラの学校」は、4年目となったNEW TRADITIONALのとりくみが次の段階に向かうべくはじめるプログラムです。"福祉"と"伝統のものづくり"とを結びつける。ここに関われる可能性のある人の数をもっと広げ、そんな人どうしが学び合える場をつくりたいと願っています。

さて、12月に新しい講座をご案内できることになりました。オンラインのみでの受講も可能です。会場参加も受け付けておりますので、講師のみなさんと直接お話したい方、ぜひお気軽にご参加ください!


タイトル:道具と伝承
日時:2022年12月21日(水)18:00〜
会場:京都伝統産業ミュージアム[京都市]
講師:塩瀬隆之(京都大学総合博物館)
定員:会場受講25名(うち学生5名まで)、オンライン受講は定員なし
受講料:会場受講2,000円(学生500円)、オンライン受講1,000円(学生無料)

◎お申込み ▷peatix ▷webフォーム

伝統のものづくりの課題として、つくり手となる職人の高齢化など担い手として技術を受け継ぐ人の現象があげられることがある。さらに、人だけではなく、社会や自然環境の変化などからものをつくるときに欠かすことができない道具や材料なども失われつつある現状がある。これに対し、道具や材料、それを使う人をどう補い、また新しくとらえなおすことができるのか、考えます。

講師の塩瀬隆之さんは、コミュニケーションの観点から、職人の伝承技術の仕組みなど、 伝統工芸の情報継承などの研究にも取り組んでいます。ニュートラやさまざまなプロジェクトにアドバイスいただいている 頼もしい協力者です。ぜひご参加ください。


講師の塩瀬隆之さん

塩瀬隆之さんプロフィール 
京都大学総合博物館准教授。博士(工学)。インクルーシブデザインならびに科学技術コミュニケーションのデザインワークショップに従事。京都大学デザイン学ユニット/宇宙総合学研究ユニット構成員。2017年科学技術分野の文部科学大臣賞(理解増進)ほか受賞多数。2012年から2014年にかけて経済産業省において技術戦略担当課長補佐にも従事。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!