コロマガ海外支部第83号 "オミクロン変異株" [11/21-11/28]
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロマガ海外支部第83号 "オミクロン変異株" [11/21-11/28]

News U.S. note

画像1

黒井:コロマガ海外支部第83号を始める。今号のメインテーマは恐るべきオミクロン変異株だ。この変異株により来年の世界がどうなっていくかを、医学的ではなく経済的な見地から解釈して必要な準備について述べた。

ワトソン君:今のうちに備えないと、何が起こるか分からないですよね・・・。

黒井:2022年~23年には別の大事件も発生する可能性があるからな。安全保障面でもおかしなことにならなければいいが。

コロナウイルス対策マガジン海外支部(コロマガ海外支部)とは世界各国のコロナウイルス感染や対策、ロックダウンなどに関する情報についてまとめたレポートである。週1回、毎週日曜日に発行される。コロマガ海外支部を読むにはNews U.S. レポートの購読が必須だ。

この続きをみるには

この続き: 12,077文字 / 画像47枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
News U.S. レポート会員は9月以降はコロマガ海外支部の記事を無料で購読できる。会員特典だ。

日本の安倍首相が歴代最長在職日数を更新した8月24日に創刊された月額マガジンだ。米国を中心に10年以上活動してきたNews U.S. チー…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
News U.S. note
本家News U.S.では取り上げられないようなディープかつシリアスな話題が中心だ。月額マガジンのNews U.S. レポートやコロマガ(日本支部・海外支部・米国支部)などを定期的に発行している。