新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

NewsTV's厳選 最新業界News_2020/03/09

NewsTV's blog編集部が厳選した、直近1週間での業界最新Newsをお届けします!

▼SNS動画広告のエンゲージメント率が上昇、50代のみ低下

・2019年12月度調査において「1週間に1回以上、動画を視聴する」と答えた人のうち、最も多くの人が「普段、動画コンテンツを視聴するプラットフォーム」として挙げたのは「YouTube」(87.4%)、続いて「Twitter」(33.1%)、「Instagram」(26.2%)だった。
・ 2017年12月度調査と2019年12月度調査を比較して、「動画広告を見かけた」と答えた人の割合が最も増加したのは「Instagram」で(2017年12月度調査:12.0%、2019年12月度調査:16.0%)、4.0ポイント増加。Instagramへの動画広告出稿量が増えている可能性がある。


▼マイナビがウェブ合同説明会 参加企業・学生が急増

・「マイナビ就職 WEB EXPO」は18年春卒向けから始まり、今年で4年目のサービス。学生が企業ごとに予約し、各社の説明会をリアルタイムで視聴することができる。
・ウェブでの合同説明会の規模は年々拡大し、今回は参加する企業数が19年の136社から256社に増え、学生の予約数も2.5倍の6万5千人に達したという。新型コロナウイルスの感染が広がる以前から開催を企画していたが、合同説明会の中止など接点の減少に悩む企業と学生の双方にとって貴重な場となっていると考えられる。


▼「広告はどれだけ行動を喚起する?」を東西比較、やっぱり大阪は東京より喚起率が高かった

・「Web・アプリ広告」「動画広告」「雑誌・フリーペーパー等の広告」「新聞広告」など幅広いメディアで、東京より大阪のほうが、広告を見た後に行動を起こしていた
・「実際に広告に触れてから行動を起こしたもの」(行動のきっかけ)を聞くと、1位は「テレビCM」が突出。以下「Web・アプリ広告」、「クチコミ」が続く。東京・大阪の比較では、大阪は東京に比べて「広告の接触」をきっかけに商品を購入している傾向が見られた。


-------------------------------------------------------
NewsTV・ビデオリリース・動画広告に関するご意見・ご質問やご相談は、以下より承っております!
みなさまからのご連絡お待ちしております。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
NewsTVのオウンドメディアです。 NewsTVは、見せたいニュースを無料で動画化し、独自開発の広告配信プラットフォームで届けたいユーザーへ自動&効率的に配信するデジタルマーケティングの新常識『ビデオリリース』を提供しています。 https://newstv.co.jp/