見出し画像

大谷翔平を初回のみ起用する「奇策」について考えてみた

(こちらの記事はお得な有料マガジンにも含まれています。)

金曜日から日曜日にかけて、エンゼルスは指名打者制のない敵地セントルイスで3試合を戦う。つまり大谷翔平はスタメン出場しないということだ。

そんな中、エンゼルスのラジオ解説者が、ブラッド・オースマス監督に大谷をナショナルリーグの球場で先発起用するアイデアを提示した。

この続きをみるには

この続き: 573文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
各マガジンは5、6本の解説・分析記事で構成されます。一本ずつの購入よりお得です。

メジャーリーグのカラクリや、アメリカがどう見ているかなど、ここでしか読めないディープな解説を、米国地元メディアの番記者がお届けします。

または、記事単体で購入する

大谷翔平を初回のみ起用する「奇策」について考えてみた

ジェフ・フレッチャー(エンゼルス番記者)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

スポンサーや利害関係に縛られない良質なメジャーリーグ情報を、なるべく多くの人に読んでいただくためにも、ご支援よろしくお願いします。

Thank you! – Jeff
4
現地紙オレンジ・カウンティ・レジスターのエンゼルス番記者が、日本向けにここでしか読めない大谷翔平の最新情報をお届け。メジャー取材歴22年。2013年よりエンゼルス担当。米野球殿堂入りを決める投票資格も持つ。(協力・翻訳: 志村朋哉、元レジスター記者)