中野充浩(東京ポップカルチャー研究家)

文筆家、東京ポップカルチャー研究家。『デスペラード』(1995年/ソニー・マガジンズ)、『バブル80'sという時代』(1997年/アスペクト)、『うたのチカラ』(2014年/集英社)など。プロフ/依頼→http://www.tapthepop.net/author/nakano
    • 東京が吐息する瞬間。
      東京が吐息する瞬間。
      • 3本

      普段絶対に休む暇もないはずの「TOKYO」が、人知れず吐息をついた瞬間。普段隙のない完璧なメイク顔の「東京」が、ふと力を抜いた時に見せてくれるスッピン顔の風景の数々。街へ出た時、スマホで撮影しました。

    • 東京ポップカルチャーストーリー
      東京ポップカルチャーストーリー
      • 9本

      1970~2020年代までの東京に描かれた若者文化・社会現象・都市風景の変遷を、一つのストーリーにつなげていくことはできないだろうか? 『東京ポップカルチャーストーリー』はそんな想いからスタートし、書籍化・動画化・番組化・イベント化などメディアミックスを駆使したアップデート型プロジェクトへと成長させていきます。一緒に具現化したり、サポートしてくれる企業・個人を募集中です。nakano@tapthepop.net

    • 東京“パリピ”ストーリー
      東京“パリピ”ストーリー
      • 3本

      過去の流れや影響を知らずして東京のパーティ文化は語れない──マガジン『東京ポップカルチャーストーリー〜TOKYOに描かれた時代と世代の物語1970-2020』のスピンオフ企画。東京ポップカルチャー研究家・中野充浩がインタビューに答えながら、30年間の流れを“パリピ”を軸に振り返っていく全3回。

そこは、
昼下がりに“男と女”が落ち合う場所。
真夜中に“刑事と犯人”がすれ違う場所。

──中央区と江東区をつなぐ清洲橋にて

個人的には『男女7人夏物語』や『新参者』が記憶に残っています。

2018年9月16日。安室奈美恵の引退とあの時代

2018年9月16日──それは日本や東京の“ポップカルチャーという観点”で決して忘れられない日になった。そう、安室奈美恵が引退したのだ。 若くして出産、母親となる一方…

今夜8月3日(日テレ系23:59〜)、マツコ・デラックス司会番組に出演します。

今夜8月3日放送(日テレ系23:59~)の『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』』に、「東京ポップカルチャー研究家」としてスタジオ出演&番組監修のお…

東京ポップカルチャー50年史⑨~女子高生とコギャルの90年代

【連載第⑨回】女子高生とコギャルの90年代~TOKYOポップカルチャーの到達点 1、“女子高生”を作ったのは誰なのか? バブル80’sでリッチな青春を過ごした世代が湾岸の…

【1996年の短編小説】ボーイズ・ネクスト・ドア

この「ボーイズ・ネクスト・ドア」は、1996年夏に刊行された雑誌『バァフアウト!』(Vol.16「THE END OF BOYSHOOD」特集号)で発表した6ページ約1万字の短編小説です。編集…

美魔女化するTOKYO〜港区のタワマンに住んでみて分かったこと

スッピンの「東京」とメイクした「TOKYO」 港区にあるタワーマンションの高層階に住み始めた頃、夜が深まるたびにベランダに出ては、街々の光景を見渡しながらうっとりと…