見出し画像

「Nestoの会費」は「サービス利用料」ではない? Nestoのお金に対する考え方

こんにちは。Nesto代表の藤代健介です。

今回はNestoのお金についてのお話です。Nestoのウェブサイトには金額の説明がありません。一般的なサービスでは料金が明確に示されているものです。しかしNestoでは、意図をもって金額をウェブサイトに載せていません

Nestoに入会するには、まず説明会に参加していただきますが、そこでお金についての私たちの考えについて、しっかりとお伝えする時間を設けています。とはいえ、「ある程度お金のことがわかっていないと説明会に参加しづらい」という声もいただきましたので、この記事では、Nestoのお金に対する考えや具体的な金額について、概要をご説明しようと思います。

画像1

この記事を書いた人:藤代健介
Nestoの代表。アーティスト。趣味は修行です。

Nestoに支払うお金は、一緒に共同体をつくり、維持していくためのもの

Nestoは「便利で役に立つサービスを顧客に提供する」というものではありません。「意図をもった共同体を、ネイバーズ(Nesto会員)と一緒につくっていく」ことを目指しているため、「お金を支払えばその対価としてサービスを受けられる」わけではないということを、まずはご理解いただきたいと思います。Nestoにお支払いいただくお金は「サービス利用料」ではなく、「一緒にNestoの共同体をつくり、維持していくためのお金」なのです。

ネイバーズがNestoにお支払いいただくお金は、Nestoへの「入会費」とリズム(掃除や瞑想をする、それぞれの共同体)への「月会費」の2種類で構成されています。

画像5


Nesto入会費は、Nestoの世界観とあなたの期待値が合致してから

Nesto入会費は、Nestoのネイバーズになる際にかかる費用です。しかし、単にお金を支払えばネイバーズになれるというわけではありません。既存のネイバーズから紹介されたうえで、2つの説明会に参加していただく必要があります。そこでNestoについて納得できたら、はじめて入会費を支払うプロセスに進むことになります。

なぜ、こんなに面倒なプロセスにしているのでしょうか。なるべく早くお金を支払ってもらった方が、ビジネス的には良いのかもしれません。しかし、Nestoが目指している世界観と、ネイバーズになろうとしてくれている方の期待値の不一致を防ぐため、ていねいな入会プロセスを経ることにしました。

「お金を払えばサービスが受けられる」という期待値でNestoに入ってしまうと、お互い不幸になってしまいます。そのため、私たちの考え方をしっかりと説明し、納得していただいた方のみにNesto入会費を支払っていただいています。


リズム月会費は「共同体に循環する感謝の気持ち」

ネイバーズには、毎月リズム月会費をお支払いいただいています。リズム月会費は、みんなで共同体を自治し維持するための費用として使われます。

なお、このリズム月会費は、リズムの主催者であるホストも支払います。一般的なサービスであれば、サービスの提供者はお金をもらう側で、払うということはないかと思います。しかし、Nestoにおいてホストとは、リズムの主催者であると同時に、共同体のいちメンバーなのです。共同体全体を維持・発展させるために費用を出すという意味においては、ネイバーズもホストも同じなのです。

画像5


また、一般的なサービス利用者がお金を支払う時に、それがどのように配分されるのかを知れることは、あまりありません。しかし、月会費を「共同体に循環する感謝の気持ち」と捉えているNestoでは、集まったお金の分配をオープンにしています。

ネイバーズから集めたリズム月会費の分配は現在、2人のホストにそれぞれ30%ずつ、Nestoというプラットフォームの利用料として30%、残りの10%はリズムの積立金となっています。

画像5

リズムの積立金というのは、リズムに参加するネイバーズがみんなで話し合って使い道を決められるお金です。たとえば、ネイバーズが集まるごはん会の飲食代に使ったり、ネイバーズの誰かがみんなに知識や体験をシェアするための費用に使ったり、リズムに役立つ道具をみんなで買い揃えたり、さまざまな用途が考えられます。

現在は2人のホストとNestoが上記の割合でお金をいただき、それぞれが責任をもってリズムを運営しています。しかし将来的には、リズムの成熟度に応じて分配率が変わることもあり得ると思っています。それは、ネイバーズがそれぞれのリズムの運営を自分たちで考え、カスタマイズできる余白があるということです。


共同体の一員になるための金額は?

Nesto入会費とリズム月会費の具体的な金額についてご説明します。

まずNesto入会費ですが、こちらは11,000円(税込)です。Nestoに入会する際に一度だけお支払いいただきます。Nestoという船の一員になるための乗船チケットと考えていただくといいかもしれません。

リズム月会費は、平日のリズム(週5〜6日)が月額8,800円(税込)。毎週のリズム(週1日)が月額5,500円(税込)となっています。なお、各リズムの初期メンバーには、リズム月会費が入会から1年間は半額になるという特典があります。先月までにリズムのネイバーズが30名に達していない場合、初期メンバー割引が適応となります。

最初に集まるネイバーズは、ホストも含めてまだ手探りの状態です。リズムのカルチャーをともにつくっていくため、さまざまな試行錯誤に主体的に関わってもらうという役割が、初期メンバーにはあります。Nestoもホストも初期メンバーに助けてもらうことが多くなるための特典です。

画像5

こういった共同体の一員になるという感覚を他のサービスと比較するのはむずかしいのですが、たとえばジムやヨガ、英会話など、「自分を変えたい」という人に提供されるサービスの金額と比べてみても、特段めずらしい金額感ではないかと思います。

Nestoのリズムは基本的にオンラインで完結するものですが、互いの顔と名前が覚えられるくらいの規模の共同体の一員になるということは、貴重なことではないでしょうか。そしてなにより、まるでオフラインのように身近な人の息遣いを感じることができるので、つながっている感覚がもてるのです。

Nestoやそれぞれのリズムは現在、ホストをはじめさまざまな人たちの協力を得て運営しています。Nestoに関わるみんなが気持ちよく、持続可能なかたちで続けていくために、この金額を設定しました。


新しいお金や社会の形への実験

戦後以降、私たちはお金を中心にした生き方をしてきました。

しかしまさに今、時代の様相は大きく変わりつつあり、お金の価値自体が相対的に下がりつつあります。お金には代替できない人との関係性、心理的な安全性の価値が、ますます求められる世の中になっています。

Nestoはお金との新たな関係性を、ポスト近代の視点で実験してみようと思っています。あなたもぜひNestoの一員になって、自分だけでなく、まわりの人に循環するお金の使い方をしてみませんか。

Nestoの説明会では、私、藤代がさらにくわしくNestoの世界観についてご説明します。興味のある方はネイバーズにご紹介いただいた上で、こちらのページよりお申し込みください。

みなさまにお会いできるのを楽しみにしています!


執筆:藤代健介 編集:須鼻美緒 デザイン:青松 基

ありがとうございます!すてきな1日になりますように。
19
「みんなで暮らしのリズムを整える」プラットフォーム、Nestoの公式noteアカウントです。 https://nesto.life/