見出し画像

部分と全体がつながる。Nestoのメインビジュアルに隠されたメッセージ

はじめまして。Nestoのデザインを担当している、筒井美希です。

Nestoでは、ウェブサイトをはじめとしたコミュニケーション手段全般において、美しく力強いビジュアルを使ったデザインが展開されています。これは、Nestoチームが表現したいことをお伝えし、抽象画家の佐々木香菜子さんに描いていただいたもの。やさしい水彩のにじみもあり、力強い勢いをもった筆跡もあり、味わいどころがたくさんあってすてきですよね。

じつはこのビジュアル、ちょっと変わったこだわり設計になっているのです。この記事では裏側をこっそりご紹介したいと思います。

画像1

このnoteを書いた人:筒井美希
デザイナー。育休中に0歳児を抱っこしながらNestoのブランディングを担当した。


すべてのビジュアルにはつながりがある

たとえば、ウェブサイトのトップページで使われているこのビジュアルも。

画像2

たとえば、「掃除巡礼のリズム」で使われているこのビジュアルも。

画像3


じつは、たった1枚の絵が元になってつくられているんです。

画像4

たくさんの個性豊かなリズムと、それが集まる場としてのNesto。部分と全体の関係性を、そのままビジュアルの仕組みにも再現しました。


「掃除巡礼のリズム」では掃除を、「チベット体操125のリズム」ではチベット体操を、「情け深まる音瞑想のリズム」では瞑想を。Nestoのリズムではそれぞれなんらかの「行為」が行われていますが、だからといって「オンラインで掃除や体操をやります!」と説明するようなデザインはふさわしくないと感じました。日々の習慣はあくまで手段であり、それを通じて実現したい大きな目的があるのが、Nestoの独自性だと思ったからです。

そんなNestoの世界観をデザインでどう表現するかは、立ち上げ当初からの難題でした。抽象化して表現したいけど、単なる飾りではなく、強い理由のある方法とはなんだろう。各リズムのビジュアルに、なにかつながりや関連性をもたせられないだろうか。そう考えてたどりついたのが、この仕組みでした。

流動的に姿を変えるビジュアル・アイデンティティ

ビジュアル全体をそのままデザインに使うことはしていないため、全体像を公開するのはこのnoteがはじめて。改めて見てみても、壮大で力強くて美しいビジュアルだなと感じます。

画像5

Nestoのブランディングを検討する過程で、「しなやかな生命力」というクリエイティブコンセプトを設定していました。詳しくはこちらのnoteで紹介しています。

この「しなやかな生命力」を感じられるようなビジュアルにしたいと考えました。男性的であり、女性的でもある。強くてやさしい。そのどちらかではないこと。スケールが大きくて自然の力を感じさせること。全体で見ても、部分的に見ても成立する、味わいどころがたくさんあるビジュアルであること。そんなお願いをして、佐々木香菜子さんに描き進めていただきました。

note_04 のコピー 2

幅広い色彩が内包されていることも特徴です。四季に合わせて彩りが変化する自然のように、ビジュアルも色相環をぐるっとひと回りさせたいと考えました。また、明るい鮮やかな色だけでなく、暗くてシリアスな色、渋くて落ち着いた色など、幅広く内包させること。それによって、切り取る場所によってまるきり違った表情になる、奥行きや深さが生まれたと思います。

全体のシルエットや中心部分が、円になっていることも重要でした。Nestoはいろんなリズムの中心であり、またリズムの集合体として存在する鳥の巣(=Nest)であるという意味が込められています。

画像16

▲リズム説明会で使用しているスライド

想いが込められたメインビジュアルですが、込められすぎていてボリュームがあるため、Nesto全体の説明でビジュアルを用いる場合は、こんな風に一部を抜粋して使用することもあります。

円の中央付近を使うこと、複数の色相を含めること、リズム用のビジュアルよりも要素の数を多めに取ること…などをデザインルールとして定め、アイデンティティとしての軸をぶらさないように心がけています。


1枚の絵から100のリズムを生み出す

一方で、各リズムに使われるビジュアルは、まったく違うプロセスで作られています。

新しいリズムの立ち上げが決まると、新しいビジュアルの選定がスタート。進め方はまだ手探りですが、リズムの内容やホストがもっているイメージ、五感を研ぎすませるような感覚で、さまざまな角度からヒントを集めていきます。



Q:そのリズムに登場する具体的なモチーフは?
Q:そのリズムを実施するホストや場所に関連するキーワードは?
Q:そのリズムを行っているときにはどんな動きが生まれる?
Q:そのリズムを色にたとえるなら?
Q:そのリズムはどんな時間?
Q:そのリズムではどんな音がする?
Q:そのリズムには匂いがある?
Q:その他、そのリズムから連想する他のキーワードはある?

言葉をインプットしたあとは連想ゲーム。キーワードらしさを感じるエレメントを探したり、特定のカタチの組み合わせを探したり、特定の色味を中心に眺めたり。広大なメインビジュアルの中を、そのリズムらしさを感じる場所を見つけるまで、ひたすら泳いでいるような感覚です。

画像7


2021年3月現在、スタートしているリズムは7つ。それぞれのビジュアルにはこんな意味が込められています。


画像8

掃除巡礼のリズム
【キーワード: 朝日・箒・寺・聖地・地面・掃く・きれいになる・聖地のオーラ】
箒で掃く動きを思わせる、右側の乾いたエレメントと、それによって聖地となった場所のオーラを表す、左側のにじんだエレメントの組み合わせ。


note_03 のコピー

チベット体操125のリズム
【キーワード:体・リズム・ポーズ・ポップ・数字】
7つのチャクラ、5つのポーズ、125歳まで生きる。数の存在が印象に残るリズム。そこから連想したのが右側の水滴オブジェクト。色使いを通じて動的でカラリとした明るさを表現。


note_03 のコピー 2

情け深まる音瞑想のリズム
【キーワード: 音・響き・夜・瞑想】
シンギングボールの澄んだ音の響きや、夜の静かな時間を連想させる色づかいと水彩のにじみ。にぶいピンクの存在が、やさしさを加えてくれている。


note_03 のコピー 3

TANDEN瞑想のリズム
【キーワード:あったかい・おなか・くつろぎ・畳の匂い・やわらかい】
温泉でくつろいでいるときのような、あたたかい色のやわらかいエレメントを、たっぷりと使う。


note_03 のコピー 4

朝陽軸のリズム
【キーワード:夜明け・チューニング・エネルギー】
夜と朝の境界の時間をイメージ。波のような動きがエネルギーを感じさせる。夜明けの空の色を連想させる紫が含まれるようにデザインする。


note_03 のコピー 5

いただきますのリズム
【キーワード:あいまいな境界線・たそがれどき・流れる・もくもく・パキッと】
五感をフルに活用して向き合うことで、素材に対しての解像度が上がっている状態をイメージ。あいまいでぼんやりとしたカタチと、直線的でパキッとしたカタチを、両方合わせもっている。


note_03 のコピー 6

骨逆立ち禅のリズム
【キーワード:骨・逆立ち・禅・コツコツ・不安定・カラダに聞く・ぐるぐる】
「骨」という強力なモチーフから連想し、黒くて硬さのある線を取り入れた。やや沈んだ色合いは不安定さを感じさせるが、シリアスな美しさもある。逆立ちをすることで生まれる恐怖や不安といった感情と、それによって芯だけになっていく自分自身、というイメージを込めて。


「便利すぎないこと」の価値

このビジュアルを使ったデザインを展開しはじめてから約3ヶ月。自分で考えた仕組みではありますが、「こうなるのか!」という驚きがあったりして毎回楽しくデザインしています。

濃密な絵を描いていただいたので、トリミングひとつ、拡大率ひとつ変わるだけで、ぜんぜん違った表情になる。それをどこで切り出すかを考えるのはなかなかむずかしく、しっくりくるまで何度も試行錯誤が続くことも。

スクリーンショット 2021-03-07 16.55.06

1つ1つのエレメントをバラバラに抜き出す、配置しなおす、拡大率を変える、反転するなど、デザイナーの意図で変更して良いルールにしてしまえば、もっと自由にデザインをすることは可能でした。けれどこれらは基本すべてNG。1枚の絵から全部を生み出すというコンセプトに反するからでもありますが、それ以上に「便利すぎないこと」の価値を大切にしたかったのです。

デザイナーの意図や、ウェブサイトのつくり、スライドの機能、画像の縦横比、デザインする上で発生するいろんな「都合」だけで、Nestoの絵をコントロールしてはいけない。人間の都合だけで全部コントロールできると思うなよ! という、制御なんてできない自然の摂理や強さみたいなものに、向き合う感覚を残してみたかったのです。

普段だったらバランスを取って埋めていたであろう余白がそのままぽっかり空いてしまったり、少なすぎる、多すぎると感じる密度がそのまま残っていたり。良い意味で「自由にさせてもらえない」感じを、Nestoのデザインでは味わっていけたらと思っています。


広がる可能性

最近はNestoのデザインを担当するメンバーが増えてきて、わたしだけでは思いつかなかった表現が生まれ、どんどん可能性が広がってきました。

たとえば2月からはじまったNestoのお便り記事

画像15

12ヶ月でこんな展開がされる予定です。こっそり先にチラ見せ。立春の日にプレスリリースを出すなど、季節を大切にするNestoの世界観が表れています。メインビジュアルから「12ヶ月の季節らしさを発見して、お手紙に込めました」という、ロマンチックな言葉が浮かびました。

また、Nestoチームでは情報共有ツールのNotionをフル活用しているのですが、各チームのヘッダ画像としてもすてきに使われていました。

スクリーンショット 2021-02-20 11.04.44

メインビジュアルは色相をひと回りできるような設計でお願いしていたので、こんな風に特定の色味だけを切り出しても美しいですね。

このメインビジュアルはリズムが100になっても成立するように考えてつくられています。今後もどんどん新しいリズムが登場予定なので、どんな絵が生まれていくのかぜひお楽しみに。私たちはこれからも試行錯誤しながら、世界観の表現を探って行きたいと思います。

執筆:筒井美希 イラストレーション:佐々木香菜子

✉️ 抽象画家:佐々木香菜子さんからのメッセージ

今回「1つの絵からいくつもの表情が切り取れるような、そんなビジュアルを」とお話をいただきました。

人の「やってみよう!」「より良くなろう!」「つながることって心強いし大切だよね!」という気持ちを、どう抽象的に表現するのか。わたしは人の感情を中心に抽象作品をつくることが多く、表現のリンクはすぐにできました。しかし、どこを切り取られても違う表情。でもNestoを感じるもの…。

ここが一番大変な作業ではありましたが、健介さん、詩歩さんのNestoに対する熱い気持ちや、筒井さんが考えるビジュアルイメージなどを何度もすり合わせてもらい、融合してできあがったのが大きな1つの「円/縁」になります。

原寸は2メートル近くある
作品なので、いつかこのビジュアルを原寸の大きさでどーーんと見れる日を楽しみにしています!

デザインに関してはこちらの記事もぜひ↓


ありがとうございます!どうぞよい1日を!
215
「みんなで暮らしのリズムを整える」プラットフォーム、Nestoの公式noteアカウントです。 https://nesto.life/