ヒルネコ
「キャリアパスポート」は、本心を書けるかどうかが大事なポイント
見出し画像

「キャリアパスポート」は、本心を書けるかどうかが大事なポイント

ヒルネコ

2020年度からスタートした「キャリアパスポート」をご存知でしょうか?

「キャリアパスポート」とは、小学校入学から高校卒業までの12年間を通して、キャリア教育に関わる活動について記入し、保管するものです。

小学校から高校まで継続して使うことで、過去の自分を振り返りながら、将来を見通すことを狙いとしているそうです。

お子さんがいらっしゃるご家庭では、保護者のコメントを記入したり、年度末にコピーを持ち帰ったりと、キャリアパスポートを目にされたことと思います。

「キャリアパスポート」では、以下のことを繰り返し考えます。

・いま、何を目標にしているか
・何が1番好きか
・今年1年間でがんばったこと
・これからやってみたいこと
・やりたいことを実現するために何をすればよいか

たしかに、定期的に考えを書き出すことによって、過去・現在・未来の自分の姿を見通しやすくなりそうです。

しかし、このキャリアパスポートを活用する上で大事なことは、本心を書けるかどうか。

先生や親の目を意識せずに。

誰とも比較せず、焦らず、カッコつけず。

人に見せたくないのなら、本心は別にあってもいいと思います。

ただし、「人に見せる用の自分」を「本当の自分」と区別できるかどうかが大事。

そうでなければ、キャリアパスポートを作成しても、結局、意味がないですから。

子どもの夢を否定せず、見守っていきたいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ヒルネコ
結婚15年目の40代主婦です。 夫と3人の息子、黒猫と仲良く暮らしています。 ヒルネとネコが大好きです。 stand.fmでヒルネコ・ラジオをやっています。