yubiのロシア旅行① 🧼


こんにちは、yubiです。


2019年末にロシアのサンクトペテルブルクとモスクワへ旅行に行っていました。

ちなみにnoteのプロフィールページのヘッダーはその時の写真です。


noteを始める前から「ロシアの旅行日記をnoteに書くぞ!」と思っていたのですが、月日は流れ、もう2か月経ってしまいました。

ようやっと書くぞ!という気持ちが出てきたので始めます。書くぞ!



■1日目


この日はほぼ移動しかしていません。成田から10時間くらいかけてモスクワへ、モスクワから1時間半くらいかけてサンクトペテルブルクへ というのがこの日のスケジュール。


5時半くらいに起きた。眼鏡ケースを持って行かなくてはならないので、いつも半開きの眼鏡ケースに突っ込んでいるアクセサリー類を片付けていたら、お気に入りのピンキーリングを失くしてることに気付いて朝からしょんぼりした。これ、まだ見つかってない。泣いていいか?



もろもろの用事を済ませて飛行機に乗る。長いフライト時間のためにYouTubeの有料会員になったので保存した動画をたくさん見ていた。あとはゴールデンカムイの新刊を読んでなかったので読んだ。

飛行機のトイレはおもしろい。でも新幹線のトイレのほうが好き。高速で地を動くものの上で用を足す自分、うける。


モスクワに着いた。機内アナウンスで「摂氏5度」と聞こえる。





5℃~~~~~~?!?!?!?!?!





ここロシアだよ??ちょろすぎやしませんか??????

のちのちロシア人のガイドさんに教えてもらったのだけど、異常気象で近年ロシアの冬はずいぶん暖かいらしい。



次はサンクトペテルブルクへ国内線で移動。飛行機から降りるやいなや頭痛で吐きそうになるので薬を飲んだ。

空港内のカフェで時間を潰した。ここで初めてロシア人が話す英語に触れる。めちゃくちゃロシア語なまりがすごい(それはそう)。ロシア語かと思って聞いていたら英語だった。


サンクトペテルブルク行きの飛行機に乗る。古くて狭い飛行機だった。離陸・着陸のときは機内を暗くしていて、なんていうか「輸送」感が強かった。ドナドナ歌ったら同行者に叱られた。

画像1


機内食でサンドイッチが出た。ぜんぜんお腹空いてない。このサンドイッチが、ま~~~まずかった。日本のコンビニで安価で買えるあのサンドイッチも、パンがふわふわで具もおいしいというのに。この世にはまずいサンドイッチがあるのだな。yubi、また一つ賢くなりました。

画像2

飲み物はクランベリージュースだった気がする。



今回の旅行はツアーだったので、サンクトペテルブルクからはホテルへバスで移動。ほんの少し雨が降ってた。くたびれていたのもあって酔った。


ホテルについた。隣にスーパーマーケットがあったので、部屋でひとやすみしてから出かけた。海外に来てスーパーに行くと、来たぞ!感あってすごく楽しい。

画像3

夜21時だというのに、精肉も鮮魚も惣菜も商品がまあまあ揃っていてすごい。 


飲むヨーグルトが飲みたくて、イチかバチかで買ってみたら勝ちだった。しかしぬるい。乳製品コーナー、大丈夫か?というぬるさだった。

画像4

英語以外の外国語のものを買うの、ギャンブルですごい楽しかった。子供のころにタイだったか東南アジアの国へ家族旅行で行ったとき、お茶が飲みたくてそれっぽいのを買ったところ、ド甘いお茶で悲しくて涙が出たことを思い出す。



画像5

Fazerのチョコレートと再会を果たす。


みなさまはFazerをご存知でしょうか。フィンランドのチョコレートメーカー(菓子パンとかも売っている)で、日本でもちょいちょい売ってると思う。私は3年前にフィンランドに行って出会い、それ以来Fazerが恋しくてたまらなかった。Geishaというチョコレートを買った。由来は日本語の「芸者」らしく、日本をモチーフにした商品らしい。ふつうに甘いヘーゼルナッツのチョコレート。 


画像6

めちゃ有名なLay'sのポテトチップスのカニ味が売っていた。これがね、めちゃくちゃ美味いの。限定なのか知らないけどロシアへ行く人は食べてほしい。滞在中3回くらい食べたし、1番大きい袋のものは機内持ち込み荷物として大事に大事に抱えて日本へ持ち帰りました。もう1度食べたい。


この日はもう夜なので、あとは水買ったりしてホテルに帰ってシャワー浴びて爆睡した。冒頭にほぼ移動と書いたけど本当にほぼ移動だった。3年前にフィンランドに行った時、1人でツアーも組まずに行ったからなのか、ホテルについた途端に緊張が抜けて気分が激鬱になってヤバかったのだけど今回はなかった。やったね。


今回はここまで、次も読んでね。


つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

おいしいものを食べます。

ありがとうございます !
10
朗らか / 暮らしの散文