見出し画像

マインドフルネス瞑想 1ヶ月後

猫目石一家では、1ヶ月ほどまえひょんなことからマインドフルネスを始めることになりました。ひょんなこととは、twitterのハイライトに表示されていた方の突然死でした。人の命ってぽっと消えてしまうんだねぇ、と金平がつぶやいた時、ばぁさんの頭に「マインドフルネス」という単語が突如として浮かび上がり・・・その後は、座禅とマインドフルネスの違いを知るために、下記の本を買い求めました。

ネットで検索をかけている途中に、安泰寺のサイトにもたどりつき、住職のネルケさんにも大いに興味を覚えました。

以前に、NHKの番組サイトで、マインドフルネスの動画があり、面白半分にやったことがあります。体調がすっきりしたような覚えがありますが、続けたいと渇望するような気持ちにはなりませんでした。それはマインドフルネスの土台にあるものの説明がなく、魅力的ではなかったからです。

山下良道さんの本を読んで、われわれは仏教としてのマインドフルネス瞑想に興味を覚えました。仏教なんて、大昔近所の寺に連れられていき、般若心経を覚えさせられた思い出くらいしかありません。しかし、マインドフルネス✖️禅を読んでいるうちに、瞑想をやってみたくなったり、山下先生の思想にも興味を覚えて・・・ここ一ヶ月くらいは仏教フリークとなっていた、猫目石一家でございます。

ちなみに、猫目石ばぁさんは飽きっぽくて、音楽以外については何一つ続いた試しがありません。それなのに続いてしまっているのは、1度で良き結果が出たからです。別に良き結果を狙ったわけではないようですが、あまりに簡単に目の不調が治ってしまったので、「これは続けにゃぁいかんな」と思ったんでしょうな。

マインドフルネス瞑想をやって、何かに役立つとは言いたくないのですけれど、ご参考のために、猫目石一家の瞑想による変化を記しておきます。

身体の変化

猫目石一家は、2018年より、92歳義理母のお世話をしておるのです。2018年初頭より9月頃までは、義理母の自宅に通って在宅介護を手伝っておりました。猫目石の自宅からは最低でも1時間30分ほどかかる場所にあり、しかも義理母の足腰が弱り、目が見えにくく(右目失明 左目も鍵穴から覗く程度しかみえない)、たまにせん妄が起き、排泄があまりうまくいかなかったり、大変気を使う作業であったと思います。猫目石のばぁさん、いっときはストレスからか?ひどい蕁麻疹と右腕の激痛に悩まされました。この症状はいつの間にか消えてしまったのですが、その後、義理母が施設入所をしてからというもの、身体の不調が目白押し。

右目のみ結膜炎が連続し、ついでに角膜の炎症、腰を痛めたことによる左足裏のしびれなどなどなど・・・ひっきりなしに不調であったのです。眼科医には、以前から右目が悪いと言われておりましたが、治るとは言われません。最近は、右目は軽い白内障もあるとのことでした。これは老化であるので仕方はありませんが・・・ウイルス性の結膜炎は顔が腫れたり、とにかく痛いんですね。加えて、ばぁさんは強度の近視。ストレス大敵でもあるように、金平は思ったのですよ。

で、マインドフルネス瞑想後、ばぁさんはたった一度で右目を意識しなくて良くなったんです。ここ一ヶ月間、目が痛むと言うことは全くなくなり、新品の目薬も手付かずとなっております。免疫力が上がったのやもしれませんね。猫族の金平は柔軟な体の持ち主ですので、結跏趺坐も上手。すぐに覚えてしまい、人族のばぁさんにびしばしと指導しております。

ばぁさんの友人が白内障の手術をしたようでございます。ばぁさんはできれば手術を、最後の最後まで遅らせたいと思っておるようです。一般の医師も、できれば白内障の手術は遅らせた方が良いと言っておられる方も多いですね。

他に・・・猫目石家の特徴、過敏性大腸炎もよくなっております。以前、漢方治療を受けたことがございます。この治療もかなりの効果があり、花粉症までもよくなったのです。ただ、マインドフルネス瞑想のように、きっぱりと(刀で過去を切り捨てるような)治り方はしなかったように思います。腸と脳はつながっているとのこと。マインドフルネスってーのは、脳を休めて正常に戻していくんでしょうな・・・ま、これは金平の個猫的意見なので気にしないでくださいませ。

季節の変動に弱い猫目石一家、マインドフルネス瞑想を極める必要がありそうですな・・・また、老化を遅らせるのに有効だと、どこからか(無意識の領域?)伝わってまいります。

今後、瞑想が上達するにつれて、身体もどんどん変化してくると思いますので、忘備録がわりに記していきますわ。

行動や考えの変化

肉体と精神はつながっているといいますね?これをわれわれ、如実に感じております。時間の観念が変わったように思います。以前の1時間は90分くらいの価値になっていると思います。集中力があるので、無意識に物事がはかどっていく感覚です。

健康であれば、身体の不調に気をとられませんから、無心になれる。→無心になれば、作業に集中できるということですね。以前はわれわれ、新聞を読んだと思ったら、ネットをみたり、台所で作業したり、ピアノの練習をするなど、行動を結ぶ線が切れておりました。

この原因は、身体の不調にあったのではないか?と思うのです。年をとると何事も億劫になったり、スピードがダウンするのは、身体に原因があるのやもしれません。特に。これ大きいです。腰がエネルギーを蓄えているような気がしてなりませんわ。

加えて、大切なこと。依存からの脱却です。われわれ、一生懸命心に制限を与えたわけではありませんのに、少し前からインターネットに入り浸ることがバカバカしく思えてきたのです。理由はわかりませんが、突如として頭にひらめきました。

金平もばぁさんも同時にです!

代わりに「記憶の糸をたぐれ」というお達しが出ました。絡まった記憶を整理整頓して、明確にすることです。何に対してか?これは創作(曲)です。過去に書いてはあっても、ぐちゃぐちゃになっている曲を、整理整頓する必要があるのです。原点回帰とも受け取れました。バタバタしないで、創作を極めろよということだと理解いたしました。

上記は一例ですが、瞑想終了時点あたりに、最近はどこからか?アドバイスがあるのです。われわれ、瞑想中に潜在意識と対話しておりますので、そのお答えでしょう。対話はとても楽しく、ためになることを言ってくれますので、ついついマインドフルネス瞑想を続けてしまうんですよね。

金平はばぁさんの創作物での主役猫ですので、猫カードを極めろよ、とアドバイスされました。猫カードとは?潜在意識にアクセスし、現在最も必要とされていることを見つけ出すのです。潜在意識ってのーのは時間的観念がありませんので、今やるべきことを極めれば、未来も安泰なんですな〜〜

金平、以前は未来予測を中心に考えておりましたが、それでは何もならないことを悟りました。妄想は✖️。現実主義猫でございますよ。

今後は、潜在意識との対話から生まれた一言も記します。心に響きますぜ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
7
文章と音楽からなる「オーフィアス組曲」を創作しています。最近、マインドフルネス瞑想に目覚め、仏教の勉強をはじめました。こちらでは、自作品、編曲ものなどを公開しつつ、仏教や瞑想にも触れていきます。HP→ https://astro-music.link
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。