「監督」になった日
見出し画像

「監督」になった日

北御門 潤(Jun Kitamikado)

9月某日。札幌は涼しく、東京の猛暑が嘘のようだ。

僕は札幌市のやや西側に位置するレストラン「円山惣菜」を訪ねた。

ここは妻もよく通っている馴染みの店で、今回の映画プロジェクトもずっと応援してくれていた。

店のドアを開けるとマスターが「おっ!かんとく!」と呼んでくれた。

僕はマスターに頼んで、映画のポスターを店の壁に貼ってもらった。

最初の1枚だ。

小さなポスターだけど、なんだか誇らしかった。

お店にいたお客さんが、僕とマスターが記念写真を撮っているのを見て、早速ポスターのQRコードをスキャンしてくれた。

マスターは、ほかのお客さんにもポスターを見せて、

「これ!監督が撮る映画なの!」と宣伝してくれている。

学生の頃から「映画監督になる」と友人に言いふらしてきたけど、

「あ、俺、映画監督になったんだ」

と思えた。

その日は調子に乗ってワインボトルを1本空け、2件目の酒場で竹鶴を空け、翌朝、妻のマンションの床の上で目が覚めた。

画像1

画像2

画像3

https://camp-fire.jp/projects/view/279568

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!
北御門 潤(Jun Kitamikado)
映画監督/三門プロダクション代表/2021年・酒場SF映画「REUNION」公開 https://mikado-production.com/