見出し画像

中国の無許可ウルトラマン映画『钢铁飞龙之再见奥特曼』とは!?

こんにちは。
アニメ映画ライターのネジムラ89です。

本日は中国のアニメ映画の話なんだけど、おもいっきり日本に関係のある話。

裁判沙汰になっていた中国のウルトラマン映画

中国企業が、ウルトラマンの著作権を持つ円谷プロに無断でウルトラマンの映画を製作・公開していたということで訴えられ、先月30日に裁判が執り行われたそうです。一審で円谷プロが勝訴となり、約3800万円の損害賠償の支払いが命じられたということで、とりあえず非が認められたのは良かったでしょう。

気になるのはこのウルトラマンが勝手に出演していた映画なのですが、一体どんな映画だったのでしょうか。


その映画のタイトルは『钢铁飞龙之再见奥特曼』
“奥特曼”ってのがウルトラマンのことですね。

画像1

钢铁飞龙之再见奥特曼
製作年:2017年 / 製作国:中国
監督:王巍

ねとらぼさんでは邦題を『ドラゴンフォース~さようならウルトラマン~』と称していますがまさに、その通り。

ポスター手前にいるメカメカしいヒーロー達が钢铁飞龙(=鋼鉄の龍)ことドラゴンフォースというヒーローでして、その映画とのコラボレーション企画の映画なのですね。無断なんだけど。

画像2

このドラゴンフォース自体は2012年からTV放送されたシリーズでして、3DCGで作られた変身ヒーローものの作品です。

実際の映像はこんな感じ。
意外と3DCGは頑張っていて、面白そうではあるのが悔しいですね。

それにしても製作会社であるブルーアークさん、公式Youtubeアカウントで予告編公開しっぱなしだけど、いいの?

『钢铁飞龙之再见奥特曼』はポスターも面白い!

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者、もしくは単品で記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」では、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。
初月無料となっているので、まずは定期購読(月480円)をポチってみてくださいな。月々20記事前後で配信中なので、ひと記事25円以下で読める計算になってます。お支払い月の記事は読み放題になりますよー。

過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。


_________________________

この続きをみるには

この続き: 1,317文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2020年7月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2020年7月分をまとめています。【 この月に取り上げている作品 】Kill It and L…

または、記事単体で購入する

中国の無許可ウルトラマン映画『钢铁飞龙之再见奥特曼』とは!?

ネジムラ89

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
3
缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーの傍らアニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:menkurai@infoseek.jp

こちらでもピックアップされています

読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター
読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター
  • ¥480 / 月
  • 初月無料

アニメ映画に関する最新情報、イベントレポート、古今東西のアニメ映画作品レコメンド、中国アニメ映画事情、Tipsなどなど…アニメ映画に関する情報を毎日更新を目標にお届け。 アニメ映画なら、ジャンルを問わず萌え系から未就学児向け作品まで網羅。世界スケールでアニメ映画の“今”を教えちゃいます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。