3DCGアニメと手描きアニメのハイブリッドぶりが異常な『おおかみこどもの雨と雪』
見出し画像

3DCGアニメと手描きアニメのハイブリッドぶりが異常な『おおかみこどもの雨と雪』

2021年7月のnoteのテーマとして、“2D&3DのMIXが見せる地図のその先”というテーマを設けて細田守監督作品もといスタジオ地図作品に注目した月にしようと思っていたのですが、肝心の書きたいと思っていた話を残せていなかったので、8月に踏み込んじゃってますが、今更ながらその話をします。

スタジオ地図ってどんな会社?

私の個人的なスタジオ地図作品に対する印象は、もはや実験的とも言えるアニメーションの新しいことを、大衆向け映画で大々的にやってしまうスタジオだということ。

今年の『竜とそばかすの姫』もまさにそんな映画でした。

今回は海外のアニメーションクリエイターを率先して製作陣に取り入れるなど制作体制から、世界スケールで活躍するアニメーション制作会社でないとできない状態で制作に挑みました。

加えて、これまで『サマーウォーズ』などで描いてきた3DCGと手描きアニメーションをいかに融和するかの答えとして、ネットの世界と現実世界を分けて描く手法をさらにアップデートさせたものを見せてくれました。

ただ3DCGと手描きアニメーションの融和という点では、個人的にはもっと金字塔的に感じている細田守監督の作品があります。

それが、『おおかみこどもの雨と雪』です。

画像1

一見3DCGとは縁が薄そうな題材の本作が、どう3DCGと手描きアニメーションを駆使しているのかを紹介します。

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者(月480円)、もしくは単品(198円)でこの記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」では、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。定期購読なら、お支払い月更新の記事は読み放題。ひと記事25円以下で読める計算になってます。

過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。

_________________________

この続きをみるには

この続き: 1,808文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2021年7月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2021年7月分まとめ。今月のテーマは『2D&3DのMIXが見せる地図のその先』。手描きアニメ…

または、記事単体で購入する

3DCGアニメと手描きアニメのハイブリッドぶりが異常な『おおかみこどもの雨と雪』

ネジムラ89 / アニメ映画ライター

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
アニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーも務めています。お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:nejimura@gmail.com