見出し画像

映画週末動員数ランキング1月2週目のアニメ映画動向レポート!&エヴァ延期ショックは他の映画にも影響を与えるか!?

こんにちは。
アニメ映画ライターのネジムラ89です。

緊急事態宣言の影響で、延期作品が続々と出始めています。
昨年の興行空白期間を思い出す雰囲気となってきて、不穏なのですが、引き続き週間動員数ランキングウォッチングをして参ります。

2021年1月9日〜1月10日の週末動員数ランキング

1位 銀魂 THE FINAL ★
2位 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
3位 新解釈・三國志
4位 映画えんとつ町のプペル
5位 劇場版ポケットモンスターココ 

6位 約束のネバーランド
7位 STAND BY ME ドラえもん2
8位 おとなの事情 スマホをのぞいたら
9位 劇場版美少女戦士セーラームーンEternal 前編 ★
10位 新感染半島ファイナル・ステージ

ついに3ヶ月間1位に君臨していた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が第2位に!見事連続首位を止めたのは、同じジャンプ漫画出身の『銀魂 THE FINAL』でした。

今回の1位獲得に、原作者の空知先生からもコメントが発表。

空知先生らしい、自虐も詰まったコメントとなりました。

『鬼滅の刃』の来場者特典の効果がやはり大きかったようですが、空知先生が言及している通り、2週目はあっさり首位から陥落する......のは全然ある話で、2週目の来場者特典は空知先生書き下ろし原画ランダム2種+スタッフ裏話ランダム4種

今回もランダムになっているとはいえ、『鬼滅の刃』という鬼殺しをなくした『銀魂』がどこまで健闘できるのかにも注目です。

2位以下は綺麗に1ランクづつ、下がっていってます。

そんな中、9位には『劇場版美少女戦士セーラームーンEternal 前編』が初登場ランクイン。セーラームーンというブランドの大きさから考えると、ちょっと物足りない数字にも感じますが、緊急事態宣言下で夜の来場が難しくなっている状況も影響していそうです。

以上、そんな感じ。

先週のランキングについてはこちらの記事をご参照ください。

今週末は『夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者』が登板。
本来、『宇宙戦艦ヤマトという時代 西暦2202年の選択』の公開も予定されていたのですが、残念ながら延期となってしまいました。
大阪など他の地域も緊急事態宣言が続々と始まり、映画館の夜間の興行も行われなくなるという状況で、どんな興行結果となっていくのかも注目ですね。

今月公開の新作アニメ映画については以下をご参照くださいませ。

以下、有料・購読枠にて、エヴァ延期で試される他の映画。公開延期の可能性がありそうな間も無く公開予定のアニメ映画を事前におさらいして参ります

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者、もしくは単品でこの記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」では、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。初月無料となっているので、まずは定期購読(月480円)をポチってみてくださいな。月々20記事前後で配信中なので、ひと記事25円以下で読める計算になってます。お支払い月の記事は読み放題になりますよー。

過去記事はアーカイブの買い切りのマガジンを購入しても読むことができます。

_________________________

エヴァショックの影響は大きい!?どうなる映画館

この続きをみるには

この続き: 1,182文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2021年1月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2021年1月分まとめ。今月のテーマは『“セカイ”と“ワタシ”とアニメ映画』。

または、記事単体で購入する

映画週末動員数ランキング1月2週目のアニメ映画動向レポート!&エヴァ延期ショックは他の映画にも影響を与えるか!?

ネジムラ89

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
2
缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーの傍らアニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:menkurai@infoseek.jp