狂言ー現代に通じる笑いの古典大系ー(『読書のいずみ』115号寄稿文)

狂言は今から600年ほど前、室町時代に成立した、日本最古のコメディーです。作品の話題となるのは日常生活に根ざしたものが多く、何気ない普段の暮らしをちょっと視点を変えたり、極大化して見せることで、時代背景こそ違え、人間が普遍的に持つ本質や意外な一面を浮き彫りにしています。
展開されるストーリーを中心に見たとき、笑いの対象、テーマとなっているものは、今でいう、漫才やコントに通じる物も多く、その意味で狂言は「お笑い」の古典、という側面を持っています。そういった狂言の笑いについて、ここではご紹介したいと思います。

狂言における笑いの要素は、大まかに言って、言語的な笑いと視聴覚的な笑いとの二つに分けられます。狂言は元々、洒落や冗談などで人々を楽しませる言葉遊び的な芸をする者や、曲芸や猿真似、今で言う所のストリートパフォーマー的な芸を得意とした者など、大衆諸芸の影響を受けて出来上がったと考えられており、それぞれの特徴を示した作品にそれらの影響を窺い見ることが出来ます。

前者の言語的な笑いとは、極端に言えば今で言うところのダジャレに相当します。

一休さんのとんち話で有名な『附子』(ぶす)という作品はご存じの方も多いかと思いますが、その冒頭にはこういう会話があります。
 
主人「今から行く程に汝ら良う留守をせい」
太郎「いや、あの(附子の入った桶を指し)留守と申す者がお留守を致せ
   ば、他には要りまするまい」

この続きをみるには

この続き:1,982文字

狂言ー現代に通じる笑いの古典大系ー(『読書のいずみ』115号寄稿文)

どど

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

寅さんみたい、とか、スナフキンですよね、とか言われますが、本人はそろそろ地に足を着けて生きたいと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。