見出し画像

【日刊ドル円通信】2021年2月11日 方向はほぼ決まり?!

本日、東京市場は休場です。動きはあまりないでしょう。

環境認識(ドル円1時間足21SMA表示)

2021-2-11見通し

紫下降波は終了。ピンクライン(104.5)が強いレートであると判断されます。10日ロンドン時間にダマシの動きを付けて上昇。

赤ライン(104.75)を突破して再び下降。ピンクラインより少し上でサポートされています。

※赤ラインは新しく引いたラインです。日足サイズで確認できる、12月の高値です。

買い戦略(ドル円15分足21SMA表示)

2021-2-11戦略

本日有力なのは買いです。

ピンクライン(104.5)上でサポート。ここから安値切り上げ状態であると判断できます。ダマシとなり上昇したことや、日足21SMAが下に控えていること。1時間足21SMAに反応し、下髭を付けているように見えることも背中を押してくれています。

①ピンクライン(104.5)からロング。緑ライン(105)で利確。

②104.55からロング。利確は①と同様。

③104.8上抜けでロング。利確は①と同様。

赤ライン(104.75)の上に高値をつけているので注意。赤ライン抜けではエントリーできません。104.8を上に抜けないことには買えないでしょう。このエントリーだと利確ラインも近いので、③のエントリーは見送るのも選択肢です。

①②のように下から買って抜けるかどうか見定めるのが良いでしょう。利確は早めに設定。4時間足21SMAが迫っているためです。もしかしたら強い買いで抜いていくかもしれませんが。

104.8を抜けば上昇トレンドが確定。もし抜けないようならレンジとなります。赤ラインでのレジスタンスも頭に入れておきましょう。

売り戦略(ドル円15分足21SMA表示)

2021-2-11戦略

①104.8でレジスタンスからのショート。104.55またはピンクライン(104.5)で利確。抜いていくようなら104.2を目指してホールド。

②赤ラインレジスタンスからのショート。利確は①と同様。

③緑ライン(105)レジスタンスからのショート。104.8または赤ライン(104.75)で利確。おそらく1時間21SMAと重複してくることでしょう。

④ダマシの安値104.4下抜けでショート。104.2で利確。

104.2の根拠はこちら↓↓

まとめ

前述した通り、本日は買いの流れとなることを想定しています。③のシナリオでは、安値更新&高値更新で、上昇トレンド発生が確定するので要警戒です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします!また明日も頑張れます!

私もスキです!
FXドル円の環境認識とその日の見通しを【FXドル円通信】を通して発信していきます。 「当たりすぎて怖い!」「価格円以上の価値がある!」 と、好評です!ブログもよかったら覗いてみてくださいね! https://blog.neetpapa.blog/