見出し画像

【日刊FXドル円通信】2021年2月5日のトレード戦略

現在の状況

画像1

黄色下降波を作った灰ライン(105.6)くらいまで上がってきました。105.2周辺でレンジを形成し、買いが落ち着いてきたかと思われましたがそんなことはなく。かなり強い上昇が発生しました。

本日は雇用統計があります。織り込み済みの上昇なのか、それとも再び大きな動きがあるのか。とにかく指標前はポジションを決済しておくか、損切を設定しておくことをオススメします。


売り戦略

2021-2-5見通し

①灰ライン(105.6)からのショート。一度押しを作る動きを取りにいきます。利確は値動きを見て。候補としてはオレンジライン(105.3あたり)または青ライン(105.2)あたり。

特に青ラインは、緑ライン(104.9)からの上昇半値あたりになります。

②105.5のキリ番からショート。利確は①と同様です。


買い戦略

2021-2-5見通し

①オレンジライン(105.3)あたりからのロング。灰ライン(105.6)上抜け期待。NYクローズまで保有もアリか。雇用統計の値動き次第。

②青ライン(105.1)あたりからロング。利確は①と同様。


経済指標

22:30 雇用統計


まとめ

かなり強い上昇なのでこれに乗っていくのが〇。ただし、雇用統計で大きく動く可能性があるため要警戒です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします!また明日も頑張れます!

私もスキです!
2
FXドル円の環境認識とその日の見通しを【FXドル円通信】を通して発信していきます。 「当たりすぎて怖い!」「価格円以上の価値がある!」 と、好評です!ブログもよかったら覗いてみてくださいね! https://blog.neetpapa.blog/