見出し画像

【棚】今でもわくわくするモノづくり断面図鑑

nyao@読書と編集

聴いてみよう

この記事は、Podcast「にゃおのリテラシーを考えるラジオ」の2022年11月28日配信の書き起こしです。

読んでみよう

にゃおのリテラシーを考えるラジオ

読書と編集の千葉直樹です。

このチャンネルでは、読書と IT 時代の読み書き、そろばんを中心に様々な話をしています。

今回のタイトルは 、

今でもわくわくするモノづくり断面図鑑

というものです。

大好きな図鑑を探す

自宅の本棚にある本を語っていくシリーズです。

図鑑を見るのは好きですか?

子供の頃、いろんな図鑑を見てワクワクした方は多いでしょうね。

今でもよくできた図鑑を見たらワクワクしませんか?

この間、小学一年生にすすめる本を本棚から探しているときに、 そういえば、面白い図鑑があったと思い出しました。

それを探してみたのですがなかなか見つからなかったんです。

記憶では、結構大きいサイズの本だったので、 普通の本棚には入らず大判の本棚に入れてあるのではないかと思って探してみましたが、見つかりません。

すごく面白い図鑑なので、見つからないとなるとますます見たくなります。

いろんな場所を見ても見つからず、ひとまず出かける用事があったので諦めました。

別の日に別の本を漁っていたら、なんと一番よくアクセスする本棚に横にして差し込んであるのを見つけました。

確かこの部屋にあったはずと何度も見たのに見つけられなかったんです。

探し物あるあるですよね(笑)

ものの作り方図鑑

モノ作り断面図鑑。サブタイトルは「ドーナツから宇宙ロケットまで」です。

見開きで机の大部分を占めるくらいの大きさです。パソコンを使っている机には乗らないでしょう。

このサイズに精緻な絵と一緒にかなり細かい説明がぎっしり詰め込まれています。

説明は大人が読む文章で書かれていて、漢字の量も普通ですし振り仮名もありません。どちらかと言うと、大人向けの図鑑なのかもしれません。

漢字が読めるようになる方法

でも、これこそ子供たちに与えたい一冊だと思います。

子供たちは、むずかしい漢字があっても無理やり読むんです。

最初は漢字抜きで、次に聞いたことがある言葉を当てはめながら推理して読み、その過程で漢字を覚えていきます。

もちろん、モノが出来上がっていく過程を追っていくのはわくわく楽しいものですから、多分モノ作りにも興味を持っていくでしょう。

この本で圧巻なのは、真ん中辺にあるサターンVロケットの作り方です。

見開き両側が折り込まれています。4ページ分の図になってるんですね。

今でも、これを見始めたら果てしなく時間がたってしまいます(笑)

残念ながら古書だけ

残念ながら、今は古書しか手に入らず、質の良いものは7000円を超えているようです。

僕が持っている本も端の方がだいぶ傷んでいますが、大事な1冊なんです。

皆さんが小さい頃から持っていて今でも見るとワクワクするような図鑑がありましたら、ぜひコメントなどで教えてくださいね。

マガジンはこちら

コメントはこちらで

noteのコメントだけでなく、Stand.fmのコメントや Twitter の DM などでコメントをいただけると嬉しいです。

今後配信の中で参考にしていきたいと思います。

おわりに

読書と編集では IT を特別なものではなく、常識的なリテラシーとして広める活動をしています。

ITリテラシーの基礎を学べるオンライン講座をやっています。

詳しい内容については、概要欄のリンクから、または「読書と編集」と検索して、猫がトップページに出てくるホームページをご覧ください。

概要欄にリンクがありますので、フォローいただけると嬉しいです。

この配信の書き起こしをnoteで連載しています。

今日もワクワクする日でありますように。

千葉直樹でした。

ではまた。

YouTubeはこちら

Podcastの聴き方

Podcastの聴き方は以下のnoteをお読みください。



この記事が参加している募集

わたしとポッドキャスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!