見出し画像

#006 普段何聴いてるの?~ジャズ/フュージョン編

こんにちは。

先日、このnoteを読んでくれた知人が「語学と民族音楽の話しかしてない!」とか「それしか聴かないの?」と言われてしまい、確かにそうだな、と思ったのでちょっと今回は普段聴いている音楽を紹介したいと思います。

まず音楽ですが、割と何でも聴きます。(ポップスとEDMはあまり得意ではないのですが…)

ただ、音楽制作を仕事にしていると普段からずっと何かを聴いている状態にあるわけで、仕事以外でどっかりと腰を据えて聴く機会はかなり減ってしまいました。

これはよくない。インプットが少ないとアウトプットも少なくなるし、インプットが雑だとアウトプットも雑になる。なので最近は、きちんとリスニングの時間を作るようにしています。

元々自分は盤の人間なので、ここ数年の「形のない」ダウンロード/ストリーミングサブスクリプション系サービスはなんだかなぁと思っていましたが(今も正直ちょっと抵抗ある)、まぁそこは順応していくべきだと思うので徐々に使いつつあります。

ということで今回はただの音楽紹介という、面白みのない記事かもしれませんが、これを機に読んでくださる方がまだ知らないアーティストを発見できるきっかけになればいいなと思います。YouTubeにアップされている「公式のもの」で、「PVなどではない、リアルな演奏をしている映像」を探して貼っていきます。

今回は「ジャズ/フュージョン編」です。

Jesus Molina

ヘスス・モリーナ、コロンビア人ジャズピアニストです。
卓越した演奏技術を持っていて、コンテンポラリーからラテン、プログレまで弾きこなします。動画のOmnipotentという曲はピアノ+チェロ+ギター(ほぼパーカッション)という変わった編成で、動も静もあってお気に入りです。ジャズにチェロ、というのはあまりピンとこないかもしれませんが、めちゃくちゃいい味出してます。

おすすめのアルバムは、去年出たばかりで、上の"Omnipotent"が収録されています。#1、#4、#9あたりがおすすめです。

David Benoit

デイヴィッド・ベノワ、アメリカ人ピアニストです。
ジャズ、フュージョン、R&Bなどのコンテンポラリーな作風がメインです。
彼を始めて聴いたのは中学生の頃、ラジオで流れていた「Every step of the way」という曲でした。もう、いかにも夜のFMラジオ!という雰囲気の曲で、何故かものすごく気に入ってしまい、必死にパーソナリティの曲紹介をメモして母親に買ってくれとねだったのを覚えています。

そんな彼が最近、自宅ライブをYouTubeにアップするようになりました。いい時代になりました。以下はその様子です。

おすすめのアルバムは、まずはベスト盤でしょうか。
特におすすめの曲は、#2、#7、#9あたりです。

Paquito D'Rivera

パキート・デリヴェラ、キューバ系アメリカ人ジャズサックス・クラリネット奏者です。元々はラテンジャズが中心ですが、スタンダードジャズからクラシックまで、なんでもいける方です。ジャズではありますが、クラシカルな味もあるのが特徴です。動画はCount Basieの名曲"April in Paris"ですが、原曲と比べると一層ムーディなアレンジで個人的に大好きです。

ぜひ下のアルバムを聴いてみたください。自分の中では彼の最高傑作だと思います。特におすすめの曲は、#1、#3、#5あたりです。

Angelo Debarre

アンジェロ・ドゥバール、フランス人ジャズギタリストです。
ちょっと赴きを変えて、ジャズはジャズでも「マヌーシュジャズ」です。
「マヌーシュジャズ」は「ジプシージャズ」とも呼ばれていて、ジャンゴ・ラインハルトというフランス人ギタリストが始めたスウィングジャズとジプシー伝統音楽を合わせたスタイルです。

おすすめのアルバムは、"Swing Rencontre"です。アコーディオン奏者Ludovic Beier(ルドヴィック・ベイエ)との共作です。#2、#6、#9あたりがおすすめです。

Sanseverino

サンセヴェリーノ、フランス人ギタリスト・ヴォーカリストです。
ほぼ全て歌モノですので純粋なマヌーシュジャズとするべきか迷ったのですが、その赴きが強いので入れました。彼自身は結構クレイジーなキャラクターで、歌詞は言葉遊びのオンパレード、内容も例えば「痩せる」「アホのスウィング」「渋滞にて」など、ちょっとふざけていますが、ライブはめちゃくちゃ楽しいです。フランス語がわかれば…ですが。

おすすめのアルバムは、"Le tango des gens"です。#1、#5、#8あたりがおすすめです。

上原ひろみ

ここ十数年の日本人ジャズピアニストの中では、この方は外せないでしょう…。この方はプログレ・ジャズとでもいうべきか。キングクリムゾン、フランクザッパ、ドリームシアターとか好きな方は多分いつの間にか行きついているはずです。

おすすめのアルバムは、動画の楽曲、Moveも収録されている"Move"です。
#1、#2、#4あたりがおすすめです。

H ZETTRIO

エイチゼットリオ、日本のピアノトリオです。
CMや番組タイアップも多く、聴いたことがある方も多いかと思います。

おすすめアルバムは"Piano Craze"です。

中島美嘉

最後に、皆さんご存じ中島美嘉さん。いわゆるJ-POPの歌手さんですが、一曲、聴いて衝撃を受けた曲があります。それが以下の"Love addict"です。すみません、これだけ、PVしかありませんでした。めちゃくちゃオシャレな曲です。ぜひ聴いてみてください。

以下のアルバムに収録されています。

もちろんまだまだありますが、今回はこの辺りにしておきます。ジャズ界・フュージョン界の大御所系の方々は敢えて外しています。

これを機に、これまでこういうジャンルを聴いてこなかった方々にも興味を持って頂ければ幸いです。

それではまた次回!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
ゲーム音楽制作会社ノイジークロークの作家です。広島出身。大学では歴史学・文化人類学・言語学などやってました。楽器・歴史・言語・野球。Japanese game music composer.