見出し画像

自宅回線をIPv4→IPv6 IPoE+IPv4に変えたらめちゃくちゃ速くなりました

免責

「IPv6にしたら回線スピードがあがる」という確からしいエビデンスが見つからなかったので、この記事の内容は個人差がある可能性があります。もし詳しい方いらっしゃいましたら、ご指摘ください。専門家じゃないので優しく教えてください。

まとめ

光BBユニットをレンタルし、ソフトバンク光の接続方式をIPv6 IPoE + IPv4に変えたら、IPv6で接続されるようになり、自宅の回線速度があがった。

旧環境

通信業者:SoftBank 光 マンション・ギガスピード〔IPv4〕
ルーター:BUFFALO  WSR-A2533DHP2-CB

新環境

通信業者:SoftBank 光 マンション・ギガスピード〔IPv6 IPoE+IPv4〕
ルーター:BUFFALO  WSR-A2533DHP2-CB
光BBユニット2.3 ← new

やったこと1. 光BBユニットをレンタル

My Softbankからいけます。僕は光BBユニットを使っていなかったので借りました。機器のバージョンは2.3にしました。違いはちゃんとみていません。機器は数日で届きました。これがないとIPv6 IPoE + IPv4は使えないようです。うちのルーターがIPv6に対応しているので行けるかと思ったらだめでした。

スクリーンショット 2020-04-13 21.27.48

ちなみにこの光BBユニット、Wi-Fiマルチパックを契約してないとWi-Fiを吐いてくれないので、家にWi-Fiルーターがない人は注意してください。うちはすでにBUFFALOのWi-Fiルーターがあったので、Wi-Fiマルチパックは契約していません。

月400円前後のレンタル料が発生しますが、これだけで回線速度が改善されるなら実質タダです。

やったこと2. IPv6 IPoE+IPv4を申し込み

光BBユニットをレンタルしても、契約内容がIPv4のままではIPv6 IPoE + IPv4は使えません。次のURLから申し込みを行います。このタイミングで光BBユニットをレンタルすることもできるみたいでしたが、私はすでに端末だけを取り寄せていたので変更申し込みだけしました。

契約して1日以内にプランが切り替わりました。

やったこと3. 機器を接続して設定

ONU→BUFFALO  WSR-A2533DHP2-CBとなっていたのを、O
NU→光BBユニット→BUFFALO  WSR-A2533DHP2-CBという風にしました。

光BBユニットの設定をIPv6利用にする必要がありますが、確認したところ最初からIPv6を利用するようになっていました。(注意を後述します)

なので、特に何かすることもなく、機器を繋ぐだけでIPv6の恩恵を受けられるようになりました。Wi-Fiルータも特に設定などはしていないです。

Before/After


IPv6で接続できているか確認

IPv6で接続されているかは以下のURLで確認しました。

via IPv6と表示されています。

スクリーンショット 2020-04-13 21.54.46

注意. 光BBユニットの設定について

先述の以下について

光BBユニットの設定をIPv6にする必要がありますが、確認したところ最初からIPv6を利用するようになっていました。

もしかしたらこれはデフォルトじゃないかもしれないので、機器によって設定が必要な可能性があります。その時、その光BBユニットと同じネットワークに繋ぐ必要があるのですが、Wi-Fiマルチパックを契約していない場合Wi-Fiを吐いてくれないので、有線LANで接続する必要があります。このご時世、イーサネットをつなぐ穴がPCにないとかはよくあるので、USB-C to LANみたいなケーブルが必要になるかもしれません。

みなさんよいリモートワークライフを!


---

ちなみにうちのWi-Fiルーターはこれです。

1733+800Mbpsって書いてますが、個々の数値に注目するといいですよ。今使ってるやつ、この半分とかじゃないですか?これを買えるだけでもだいぶ違います。いい値段しますが、コスト書けるだけあります!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteの売り上げは自分の応援するクリエイターのために使います!

今日のラッキーアイテム:現金
12
事業開発とエンジニアリング
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。