見出し画像

滑り込みルカリオメルメタル【東京CL】

こんにちは先日から大学が始まり夏休みが終わってしまったなつおです。

今回は僕自身CLには抽選落ちで出られなかったのですが、僕の代わりにルカリオメルメタル単の構築を使ってCLに出て戦ってくれたサトウホウオ選手(レミくん @remiava )のレポート的な反省文的なやつを書きたいと思います。

レミくんとは
去年の新潟CLでジラーチサンダーを使いちゃっかりベスト8になり、どっかのシティでもまあまあ結果を出したにもかかわらずJCSでの成績が振るわずにWCSには届かなかった一◯屋。留年がここで決まるらしい。彼女募集中。

そのレミくんの練習相手を僕やら僕のチームメンバーやら他にも色んな人でしていたところレミくんには候補としていくつかのデッキが上がってきました。

僕はそこまで詳しく知らないので知ってる範囲で彼の候補のデッキを言うとまず

ゾロアークGX+ルガルガンGX

三振亀山

ゴルーグ

これらが候補として上がって居ましたが僕的にはぱっと見これら全てがルカリオメルメタルを突破出来なさそうという印象でした。

ルガゾロに関しては過剰なスタンプ連打、ペルシアンによる要求札確定サーチ、その他諸々のギミックで変なデッキにも臨機応変に対応できるイメージがあると思っていたのですがやはり三神のHP280の壁は中々高く突破するのが難しい印象でした。

僕自身もルガゾロを使って三神とやることはあったのですがやはりレシリザと違ってあと10残るっていうのがすごくイヤらしくて強い印象でした。

カメポチ三神に関しては僕のチームメイトであり今回のCLでベスト4に入ったLonくん(@Lon50_poke)がどうせ記事あげるのでそれを見てください。強いとは思ったけどパチンコ構築が嫌いすぎる僕はずっとヤーコン使われる度に貧乏ゆすりで頭おかしくなってました。

ゴルーグは今回のオモチャ枠の印象でしたが戦ってみると意外に強く要所要所のやぶれかぶれでハンド干渉を行えるのがまあまあ強いと思いましたが今回の環境読みの時点でサナニンフ、ルカメタと言った単構築になりやすいカードがまあまあいると思っていたのでそこを突破することがキツイだろうなとも思いました。

実際にゴルーグは僕が寝る前に適当に組んで練習に持って行ったガバガバルカメタに勝つことがありませんでした。

ここで僕としては常にチームメイトや友人に提案していたのがルカリオ&メルメタルGXで今回の環境に上手く刺さってくれるだろうと思っていました。

GX技をニコタマで追加まで打てることで弱点の炎相手にも1体取られた返しからスタンプ+フルメタルウォールGX+無人発電所で捲れると考えていて、これを容易に行える助けとなるカードが新弾で出ました。それがグズマ&ハラです。

適当に拾ったので画質悪いです。笑
さらに強いと今回感じたカードがマオ&スイレンです。

まずグズマハラはルカメタを使う上で欲しくなる要求カードである無人発電所、鋼鉄のフライパン、ニコタマにただ手札2枚をコストとすることで揃えてくれます。つまり、例えば6エネレシリザにルカメタを1体取られた返しにスタンプとグズハラ+2枚のカードがあるだけで最強のカウンターが成り立ちます。

しかもこのマオスイレンもルカメタを使う上で従来アセロラで耐久することがあるとルカメタがすぐにヘビーインパクトで殴りに行くことが難しいため2パンを確実に取ってくる相手に受けきれないことがあったのですが、120を回復しつつ後ろのフルHPのルカメタにエネを付けつつ殴りに行けるのがめちゃくちゃ強かったです。

僕は新弾のリスト発表からルカメタが完全に強化されたとしか思えませんでした。笑

しかしこれらを形にする上で分からなかったのがどのような構築でルカメタを動かすかということでした。

CL前に自主大会に出てきたチームメイトたちがジラーチ型、ブルーの探索を用いた単型といった2つの型があることを教えてくれたのですが頭の悪い僕はどちらが強いのか全く分かりませんでした。

結局そこで組んだのがブルーの探索型の単構築で構築したのですがこれだとルカメタ2体を取られると終わるだけなのでリセットスタンプが必ず6または3の場面でしか打てませんのでかなり弱いです。

ただでさえ中打点な上に炎にはめちゃくちゃ不利なのでスタンプはなるべく2〜1枚の場面で打ちたいということから非エクを入れるかGXを入れて3-2-3のプランを取らせるか悩んだ末に自分がシティリーグで使ったガブギラ単構築を思い出しました。

リンク貼るのめんどくさいので簡潔に説明しますとムウマージの特性で相手にサイドを取らせて自分の手札を増やしマチスやカウンターキャッチャーなどのカウンター系カードを序盤から上手く使っていき3-1-1-3で取らせて勝つというものです。

これでブルーの探索型でルカメタを作り始めたのですが正直めんどくさかったのでネットに上がってる構築などを見ながらその構築にムウマージラインを入れて組んでみました。

そして練習会などで色んな人にアドバイスもらった結果このような構築となり割とtier上位構築には6割以上行けるかなぁという印象でした。

僕的にはここで構築を考えるのは辞めてとりあえずこんな感じでルカメタいるかもよ〜みたいな感じで友人たちの練習に付き合っていたのですがびっくりするくらい負けませんでした。

ここであまり負けなかったのがジラーチ型を考察するに至らなかった理由でもあります。実際に盤面にジラーチと適当な非エク置いてルカメタで戦えば3-1-1-3で取らせられるのになぜかムウマージに信頼をめちゃくちゃ置き過ぎてしまいました。

正直ジラーチ型の方がドロソなど細いカードに触りやすく強いと思っていますしやはりその結果がちゃんとCLにも出ています。

この構築は3-3ドロップですが、優勝者の使っていた構築は優勝なんですから。

本当は前日までカウンターキャッチャーの2枚目、ザオボーをすごい入れるか悩んでしまっていたのですが混沌のうねりをルザミーネで回収する構築なんていないしカウンターキャッチャーも1回使えれば良いでしょなんて思っていたらレミくんが3-1の時に配信卓で当たったヤマグチ選手はしっかりうねりをルザミーネで回収していてザオボー!!!!!!!!ってなって頭を抱えてしまいましたwww
さすがとしか言えないしやっぱり強い人は全部強いって思いましたし凄く悔しかったですね。

結局当日までにレミくんたちと練習会をした時に僕がルカメタで三神カメ、ゴルーグ、ルガゾロと対戦した時にルカメタが負けることがほぼなかったのでそこでレミくんの心が折れてしまいました。

レミくんにルカメタ使ってレシリザに勝てたらルカメタ握りなよって冗談でヘラヘラ笑いながら言ってたら勝手にルカメタを取って僕にレシリザを渡してきて唐突に対戦が始まりました。目と目が合ったらポケモンバトルってこういうことなんですね笑

結果としてはレシリザがボロボロにされてルカメタ強いってなったのですが問題は前日の夜にルカメタに決めて当日勝ちきれるのか?練習不十分じゃないのか?テスト前日に過去問暗記する大学生みたいだなみたいに思ってたら彼は「前日に滑り込みで決めた構築なら負けても言い訳いくらでもつくし」と言っていて人の構築なのに失礼だなこいつって思った反面まあそれなら俺も負けられても悔しくないわ。と気持ちよく彼にルカメタを預けることができました。

その実際の構築がこちらです。

ポケモン 8枚
ルカリオ&メルメタルGX 3枚
このデッキの主軸で前述した通りフルメタルウォールGXが強すぎる。実際に盤面に出すことがあるのは恐らく2、多くて3枚目を終盤に使うと思っていたので4枚は要らないということで3枚です。

メガミミロップ&プリンGX 1枚
このデッキのサブアタッカーで主に最後の締めとなる役割をしてくれます。起動エネルギーの枚数も3枚と少なくカウンターゲインでニコタマ起動もできると文句なしに採用に至りました。

ムウマージ-ムウマ 2-2
まずこのカードで展開することから始めるのでサイド落ちを考慮しての2ライン採用。しかも2枚までなら起動してサイド取らせても相手は必ずルカメタを2回取らなくてはいけないので強いです。

グッズ 24枚
リセットスタンプ 2枚
基本的にルカメタを1枚取られてから使い始めますがそれでも3枚は欲しかったなという印象。2枚でも強いし特性持ちGXの蓋をするときに無人発電所と打つことが多いです。

フィールドブロアー 1枚
混沌のうねりを割りつつ発電所を貼るために採用。2枚でも良かったが2枚入れるならザオボーをもう1枚入れてました。

タッグコール 4枚
今新弾最強だと思ってるカードでこれによりルカメタとグズマハラに触ることができ1ターン目から確実にルカメタ3種の神器を揃えることが簡単になりました。

ポケギア 3枚
この構築は事故を起こしやすいのが難点のために最低枚数で3枚。マチスやブルー、グズマを拾うので強いがコストにする場面が多かった印象でしたので諸説。

グレートポーション 2枚
中打点デッキに対してマオスイレンが使えない、このターンはそれ以外に使うサポートが他にあるという時のために最低2枚。中打点は3回回復を通るとキツくなると練習から分かっていたので2あればどうにかなるだろうの2枚。

鋼鉄のフライパン 4枚
前日まで3枚でしたが使う本人の練習不足を考慮してフル積み。実際に4枚は使わないし3体しかルカメタはいないのでここまでする必要は無かった印象。

ハイパーボール 1枚
やみのいしを使えない時のための保険。やみのいし2枚にするよりハイパーボールでデッキの不純物を消せるのがいいと思いハイパーボールにして1枚採用。

ネストボール 2枚
主にムウマを置くためのカードなのでそれ以外に書くことはないです。

やみのいし 1枚
2枚は必ず腐るというのをシティの時から分かっていたので1枚。それ以外に理由ないです。

カウンターキャッチャー 1枚
欲を言えばもう1枚欲しかったけど無くてもまあどうにかなりそうということで1枚。やはり必ずサイドを先行されるためにこのカードは強かったです。

ポケモン入れ替え 2枚
マオスイレンで前を回復してからもう一度そいつで殴りに行きたい時やエネを付けてないルカメタが縛られた時のために2枚。実際に使わないところとかありそうなイメージでしたが結構使いました。

カウンターゲイン 1枚
メガミミロップのために1枚だけ採用。

サポート 15枚
グズマ 2枚
カウンターキャッチャーと合わせてベンチを引っ張るカードが3枚あれば良い印象だったので2枚。無駄に使ってもルザミーネで回収できるので強いです。

マオ&スイレン 2枚
今回はレシリザ以外はほとんど中打点から構成されていると思ったのでアセロラを使わずともマオスイレンで全て受け回しが成立するつもりでいたのでアセロラ0にしてマオスイレン、グレートポーション2-2採用にしました。1枚くらいアセロラ入れても良かったかなぁと思いました。

マチスの作戦 2枚
カウンターカード同様に必ず先行されることでサポートを1ターン2枚使用することができる優れもの。シロナカトレア、ルザミーネと合わせてエクストラのサーチャーのように使えるのが本当に強かったです。

グズマ&ハラ 2枚
展開する時に必要になるがその後に使うことは少ないのでなるべく使えるかつ腐らせないために2枚。1番強い。

シロナ&カトレア 3枚
トラッシュのサポートを持ってくるのに加えて山から3枚引けるのが本当に強い。このカードのおかげルザミーネが1枚でもループが完成する上にドロソの採用に困るこの構築でここまで最適なものはなかった。

ルザミーネ 1枚
混沌のうねりの警戒で無人発電所を理論上∞回貼る動きがしたかったので採用。マオスイレンやグズマ、マチスを拾うのも強すぎる。

ブルーの探索 2枚
グズマ&ハラと同様スタートする起点となるカード。本来のムウマージ+TAG構築はブルーの探索4枚から考えるのですがルザミーネ、シロカト回収出来るのでブルーとグズハラで4枚だけ起点カード入れておけば良いと思い2枚採用。

フウとラン 1枚
このカードの採用理由が絶対みんな訳わからないと言うと思います。入れ替えと手札リフレッシュが出来るなんて理由はないです。主にラフレシア、フーパブラッキーを見て入れています。使用方法は後述しますがこれ1枚でどうにかなる練習は僕本人行なっていました。

スタジアム 3枚
無人発電所 2枚
従来のTAG単は4枚入ってるイメージですがルザミーネがあるので山にあれば無限に使えるということでサイド落ちケアの2枚積みです。

テンガン山 1枚
正直要らなかったと思うカードですがマオスイレンの回復を鋼エネでループするために使いたくて1枚入れてました。フウとランと一緒に使うことで詰ませる構築にも使えます。

エネルギー 10枚
基本鋼エネルギー 6枚
説明すると長くなりそうなんで簡単に言うとルカメタが2枚鋼を要求する上にそのルカメタが3体いるので掛け算して6です。

ダブル無色エネルギー 3枚
グズマハラで確定で触れるから4枚積む必要無くてルカメタの数だけで3枚。

ウィークガードエネルギー 1枚
レシリザに親を殺されたのでフライパンブロアーでの回答をここで潰しました。

これが60枚の採用理由ですが以下に不採用になったカードも記述しておきます。

ザオボー
うねりに対して複数貼られたらだるいので採用したかったのですがレミくんの練習不足を補うためにフライパンの枚数やウィークガードの採用に厚くしたために抜けました。これはめちゃくちゃ後悔してます。しかもミラーでもかなり強いしそのことに2日前から気づいていただけ悔しい本当に悔しい。

タッグスイッチ
ミミロップを動かすためにルカメタからエネを動かして奇襲することを見て1枚だけ入れるか悩みましたがそこまでするまでもないとカウンターゲインを採用したので非採用。

アセロラ
盤面だけで回したかったしエネ管理はまあまあミスらない自信あったので非採用。1枚だけでも入れとけば良かったですね。

ここまでが構築の話でここからは当日のマッチアップについて話したいのですが僕が使ったわけではないために結果だけ申し訳程度に書いておきます。悪しからず。

1 ミュウミュウ 勝ち
2 シルヴァディ 勝ち
3 悪バレ 負け
4 ゴルーグ 勝ち
5 三ケル(配信卓 vsヤマグチ選手) 負け
6 ルガゾロ 負け

ルガゾロに負けたのが分からないけど本人に聞いたらプレイングがダメだったと言っていてやはり普段アグロを使っているレミくんは取らせてから展開するというのが怖かったみたいです。気持ちは分からなくないですがそこがかなり練習不足出ましたね。

ヤマグチ選手との配信卓は僕も見ていましたが本当にうねり貼られるたびにザオボーと口から無意識に出ていました。ルザミーネをヤマグチ選手の手に確認した時の絶望感は今でも覚えてます。本当に悔しいけどナイスゲームでした。熱くなれたし去年CSP最高プレイヤーと戦えてる僕のカードと彼を見れて本当に良かったです。

ここまで言わなかったのですがレミくんの使っていたルカメタの60枚のうち56枚は僕のカードです。さすがに前日に決めたので持ち合わせがない彼にルカメタを渡して中に入っていたタッグコールのプロキシ3枚とリセスタのプロキシ1枚をレミくんの実物と代えて出たので身体は応援席なのにカードは配信卓という訳のわからないことになっていました。笑

それでも本当に楽しい試合を見させてもらいましたし今回は別でチームメイトのLonくんが予選9-1 11位でトナメ進出からベスト4まで上がれたので本当に嬉しかったです。

ベスト4の対戦では中々にきつそうで不利マッチなのもあり途中から勝ち目が無さそうなのも見て悔しい気持ちもありましたが彼がここまで高校生ながら頑張ってきたことに感極まってしまいました。

そんなこんなで今回も大会自体は僕自身熱くなれたので良かったですが次こそは出たいと思います。ここまで読んでくれた方ありがとうございました。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15