見出し画像

「英語が話せる」大人になりたい

中学、高校と、学生時代のわたしたちは義務教育として
みっちり英語を勉強してきました。
世代によっては、小学校から英語を学んでいた方もいるかもしません。

それなのになぜでしょう。
英語が話せるか、という質問に思わず顔をそむけてしまうのは・・・
例にもれず、担当編集者もその一人です。

その一方で日本人は英語を勉強するのが大好き。
ただし、勉強するのが好きなのであって、実際に使えるようになるとは
限らないのがミソ。
書店に並ぶ洋書の数は、膨大な英語学習書とは比較にならないほど
少ないのが現状です。

「まずは中学英語を学び直して基礎を固めてから・・・」

中学英文法を学び直すという趣旨の本が飛ぶように売れるのも、
基礎からきちんと学びたいという日本人のまじめな性格を
よく表しているかもしれません。

文法が終わったら単語、単語が終わったら発音・・・
でもちょっと待ってください。
一体いつになったら「英語が話せる」ようになるのでしょうか?

英語が話せるようになるには、結局、英語を話してみるしかない。
そして話すなら教科書的な英語ではなく、英語圏で「リアル」に
使われているフレーズが理想的・・・

さあ、そこでいよいよ本書の出番です。

画像1

著者はAppleのPodcastやYoutubeで大人気、Hapa英会話のJun先生。
Jun先生のYoutubeチャンネルはこちらからチェックしてみてください。

日米ハーフのJun先生だからこそわかる、日本人が覚えておきたい、
リアルな会話の中で使える英語フレーズを厳選していただきました。

"How are you?"
―― "I'm fine,  thank you."


こんなやり取りから一歩踏み出して、ネイティブが使うような
流ちょうな英語を使ってみたい!
そんな思いを叶える、「生きた」英語フレーズが満載です。

画像2

”Sounds like a plan."
"Good call."


紹介しているフレーズはどれも簡単で覚えやすいのに
なんだかとてもこなれて聞こえる・・・!

さらに発音はJun先生によるネイティブな音声が聞けちゃうんです。
先生の発音をまねて口に出してみれば、あなたはもう
「英語が話せる」側の入り口に立ったも同然です。

気に入ったフレーズはどんどん口に出してみてください。
さらにTwitterやInstagamなどSNSで発信するのもオススメです。

日々の積み重ねも、塵も積もれば山となる。
1年後にはきっと「英語が話せる」自分に出会えるはずです。

『日常会話からSNS、ビジネスまで使える!リアル英語フレーズ』
ジュン・セニサック=著/ナツメ社

好評発売中です!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
ナツメ社の公式noteです。東京都神田神保町にある出版社。実用書、資格ビジネス書、児童書や保育書、看護書など幅広く販売しています。 ホームページでは紹介しきれていない、これから出る本の情報などを、いち早くお届けします。