見出し画像

「好き」って言いなよ。

「月が綺麗ですね」
かつて夏目漱石が「I love you」をそう訳したのはあまりにも有名な話。

これは日本人の奥ゆかしさをよく表したエピソードだ。

言葉がもともと持つ意味をそのまま伝えるのではなく、含みを持たせて余白を作る。受け手はその余白から相手の想いを想像し、恋人たちは彼らにしかわからない世界に浸る。

なんて素敵なんだろう。うっとりしてしまう。


ではあなたは今、気になる異性から「月が綺麗だよー!」とLINEがきたら、「こいつ、私のことを愛しているのかしら」と思うだろうか?

多くの人は「さすがに現代でそれはないわ」と思うかもしれない。

では、「その服可愛いね」はどうだろう。

「今度飲みに行きましょう」と言われたら?

「とても魅力的な方ですね」はどうだ?

じゃあじゃあ、

「好きです」
は?


驚くなかれ。

この世の中には、付き合うつもりもない異性に「好きです」と言う輩が存在するのだ。

彼らは言う。
「好きですには、好きです以上の意味はない」と。

どういうことだ。あなた達は、夏目漱石を侮辱しているのか。

坊っちゃんを、こころを、日本の文学界の宝を、否定するというのか。


仮に彼らを”好きですヤクザ”と名付けることにしよう。
対して私のような人間は”好きです弱者”だ。

好きですヤクザはまるで息を吸うかのように「好きです」と人に伝えるらしい。

息を...吸うかのように...?

それは、巷のナンパ師と何がちがうのだ?

そこに本当の愛はありますか?

好きです弱者は、相手の余白を慮る。
私くらいのレベルになると、上述の言葉「その服可愛いね」以下は大概、好意を読み取る。
下手したら「月が綺麗だねー!」も「愛されている...?」と変換するかもしれない。漱石先生万歳!

だから好きです弱者は当然、自分から他者に「好きです」と伝えるのにもかなりのエネルギーを使う。本当に、あなたならば、この私の恋のお相手と、認めようではないか!そうして初めて心の中にこれまで溜めて溜めて溜め込んできた煮えたぎる思いを、「好きです」のその一言に詰め込んで特大の元気玉の如くお届けする。その時、私の覚悟は尋常ではない。そう。私に好きですと言われたあなたは、恋人、いや結婚相手としての自覚を持たねばならない。


ここまで書いた文章を一時保存し読み返していると、これを読んでいるあなたの声がありありと聞こえてくるようだ。そう、あなたは今、

「重い」

そう思いましたね?


そもそもこんなnoteを書き始めたのも、某氏にこの考えを「重すぎる」と非難されたからである。
衝撃を受けた私は手始めに、こんなツイートをしてみた。

これには各方面から反応が返ってきた。私のような好きです弱者寄りの人、ごりごりの好きですヤクザ、様々だ。

がしかし、ここで私は好きですヤクザ達のある特徴に気がついた。

『異性カウントしてない』
『男女どちらも』

そう、彼らは、”男女関係なく”、他者に「好きです」という言葉をかけている。

そこから窺えるのは、必ずしも恋愛を前提としない、人間としての好意。
言わば、人間愛。

それに比べて私はどうだ。

女友達に「好き」だなんて言ったことがあるだろうか。もちろん好きな友達はいる。が、それを伝えようとしたことはあるか?
私の「好き」という言葉は、恋愛対象とその後の関係を進めるための手段だった。言わば、相手をコントロールするための、道具だったのではないか?

何が”本当の愛”だ。
私には、下心しかないじゃないか...!


この記事を通して、私は好きです弱者が間違っていたと言いたいわけではない。
「好きです」と言っても言わなくても、どちらでもいいと思う。
それはあなたの性格にもよるし、わざわざ言葉にしなくても、行動や雰囲気、ふたりの関係性から伝わることもあるだろう。

ただ、私のような、下心がある場合にしか「好きです」と言わないようなケチな”隠れ好きですヤクザ”は悔い改めるべきだ。ということをこの記事の締めくくりにしたいと思う。

私はこれから好きな人には好きだと伝えていこうと思う。

そこには「好きです」以上の意味はないのだから。

「あなたに何かを求めているわけではなく、ただ、私はあなたという人間が好きなのだ。」という以上の意味は。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
次を書くエネルギーにします!ありがとう!
312
【女性の幸せは世界を救う】がモットー。え?じゃあ【女性の幸せ】って、なに?探求し続ける36歳独身、ボリウッド(インド映画)ダンサーのエッセイです。皆が楽しく自己表現できる世の中になったらいいな。twitter→https://twitter.com/natsukoni81

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 18144本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (8)
そう、わたしも、最近、「月が綺麗ですね~」と言ってしまった。けど、異性なんだけど、そこには意味もなく、私が高校3年生としたら、彼は3歳の坊やなんですよね~。3歳の坊やをあやすのが、好きなだけなんですよ。勘違いされたようだ・・困ったもんだ。夏目漱石先生大好きです。「好き」なんて言えない・・。愛って、言葉じゃなくて、育んでいくものだと、経験からなんとなく、思います。時間がいります、会えないときも、自分の世界をもち、色々な本を読んだりとか、感動して涙流したりとか・・。日記を書いたりとか、本の感想をメモしたりとか。手紙のやり取りの中で、話題とか、表現するのに役立ったりとか。いいお守りを見つけたりとか・・。日々の生活をしっかりとおくっていけば、それでいいのかも・・。人は、時に特急か新幹線、またはリニアモーターカーに乗りすぎるようだ。急ぐなかれ。焦るなかれ、答えなんて、そんな簡単に出ないと思います。育んでいくところに喜びがあり、涙あり、喧嘩したり・・。

おすすめから、タイトルに惹かれてお邪魔しました。記事を拝見し同じ年齢でなんだか嬉しくなりました。スキ押させていただきました!
私もなるべく「すき」と言うようにしようと大人になってから思うようになりました。
もっと上手に軽やかに「好き」と言っていたらもうちょっとモテていたのではないかと思いますが。。。はたして
川島幸希(秀明大学学長)をして「夏目漱石本人やその関係者の文献に月が綺麗ですねに関する記述が無い」と述べてらっしゃるのですが、コニシさまは「「月が綺麗ですね」かつて夏目漱石が「I love you」をそう訳したのはあまりにも有名な話」と仰られていますが、その有名な話の出所、出典を教えてください。出典がわかりましたら、漱石研究の画期的な資料になると思われます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。