シティリーグ2020シーズン1エクストラベスト4 三神チャーレム

はじめまして。ナツと申します。
今回はシティリーグ2020シーズン1エクストラレギュレーションinトーキョーベイにて、予選4位、決勝トーナメントベスト4になり、せっかくなので記事を書いてみることにしました。

拙い文章とはお思いですがお読み頂けると幸いです。


今回使用した三神(アルセウス&ディアルガ&パルキアGX)チャーレムデッキについて簡単にご説明します。

まずデッキのメインアタッカーとなるチャーレム。

画像1

このポケモンは古代能力という特性とは違う能力を持ち、その古代能力「Ω連打」で1ターンのうちに2回技を使用する事が出来ます。


そしてアルセウス&ディアルガ&パルキアGX(通称:三神)

画像2

オルタージェネシスGXを使用することでバトルポケモンのダメージを永続で「+30」するという技を持ちます。
また追加で水エネルギーがついていれば、技のダメージで相手のバトルポケモンを気絶させると、サイドを通常より1枚多く取れるという破格のGX技を持ちます。
またアルティメットレイも強力で、ダメージを与えながら基本エネルギーを3枚まで自分のポケモンにつけることが出来る優秀な技も持ちます。

ざっくりと言うと、三神でオルタージェネシスGXを使用し、技のダメージ「+30」&サイドを1枚多くとる効果を付与し、Ω連打のチャーレムで技を1ターンのうちに2回使用してサイドを取りきるというのがこの三神チャーレムデッキとなります。


では何故今回このデッキを使用したか。

現在のエクストラの環境では、
非GXのウルトラネクロズマ

画像3

ゲッコウガ&ゾロアークGX

画像4

サーナイト&ニンフィアGX

画像5


この3つのデッキタイプが強力かつ多いと予想しました。
実際にはウルネクが大半をしめており、ゲコゾロ、サナニンフはそこまで数はいませんでした。
ただマッチングとしては、上記の3つ全てに当たったので読みとしてはそこまで間違っていなかったと思います。


ではその強力な3つを差し置いて三神チャーレムを使用したかです。

まずは3デッキ共に優位に立てるからです。

対ウルトラネクロズマ
このデッキは非GX主体なので低HPのポケモンが多く並びます。
そこをチャーレムで技を使用する事で1度目の技でバトルポケモンを倒し、新しくバトル場に出てきたポケモンを更に倒すことが可能で一気に相手の盤面を崩すことが出来ます。


対ゲッコウガ&ゾロアークGX
ここは相性でまず有利です。
またGX、EXのポケモンが並ぶので、オルタージェネシスGX使用後にGX、EXポケモンを2体倒すことで勝つことが出来ます。


対サーナイト&ニンフィアGX
このデッキは三神が弱点をつかれてしまうため、上記二つに比べて圧倒的有利とまではいきませんが、サナニンフを2回の技で倒すことで回復されるのを抑えながら勝つことが出来ます。

他にもゾロアークGX主体のデッキ、よるのこうしん、レシラム&ゼクロムGXなど強力なデッキはありますが大方優勢に戦うことが出来ます。

ただ最近はどのデッキにもポケモンレンジャーを採用されることが多くなり、若干の向い風でありました。

画像6


そういった関係で三神チャーレムはやや減少傾向にあるかと思いましたが、むしろそのお陰で対策を緩くされていると考え、ジョーカー的な立ち位置にあるこのデッキを使用しました。



ではこちらからはデッキ内容に移ります。
ここからは有料となりますので、お許しください。

この続きをみるには

この続き:6,560文字/画像47枚

シティリーグ2020シーズン1エクストラベスト4 三神チャーレム

natsu_pokeca

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
ポケカの記事をたくさん書けるくらい実績がほしいですね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。