見出し画像

僕が占い師をやめた理由

正確に言えば、占いをしない理由。
そしてもっと正確に言えば、占い師だったときも占いはしていなかった。
タイトルに偽りありだけど、今日はそのことについて書こうかな。

占いはさ。楽しいよね。僕も大好きだった。小学生の頃は、おまじない。中学生や高校生になったら、365日の占いダイアリーとか持ち歩いてさ。
あなたも、好きな子との相性とかドキドキしながら読んだんじゃないかな。
そういう可愛らしいのは、未だに好き。夢や希望があっていいよね。

そう。
占いはいつでも、夢と希望を与えてくれる。

「いつかうまくいくんだ」

でも、大人になってから気づいたんだ。

自分の人生は、自分でつくらなきゃいけないってこと。

そう。
自分の人生は、自分でつくっていく。

決して、占いがあなたの人生をつくってくれるわけじゃぁ、ない。
占いは、自分で自分の人生をつくるための単なる道具でしかないんだ。
つまり。

主役は自分

決して、占いが主役じゃないんだよね。
でも、残念なことに、ほとんどの占いは自分以外の何かが主役になっている。

そりゃ、今していることの吉凶が分かったら、リスクを減らせるし、未来が分かればその通りに進めばいい。

基本、占いは吉凶判断と未来予測だからね。

楽。

でも、本当にそうだろうか。
それは、自分の人生を自分でつくっているとは言えない。

だから、僕は占いをしない。

って言うか、ほとんど当たらないし。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
元占い師。子どもが楽しくいられる心理学セミナー、個別カウンセリング。