「正しさ」は本当によいものかもわからずに、人を傷つけるものになる
見出し画像

「正しさ」は本当によいものかもわからずに、人を傷つけるものになる

ふみ

 誰かの「正しさ」は、いたずらに人を傷つけるものかもしれない。

 誰かの「勘違い」は、おもむろに人を傷つけてしまうかもしれない。

 誰かの「思いこみ」は、ふいに人を傷つけるかもしれない。

 誰かの「想い」は、とたんに人を傷つけるものになるかもしれない。

 こんなデータがある、こんな本がある、メディアではこうやっていた、誰それがこう言っていた。

 だから、何だというのだ。

 現実に、苦しんでいる、悩んでいる、困っている、悲しんでいる人がいる以上、どんなものでも「心ない悪意」になりかわってしまう。

 誰かの正しさが、それは勘違いか思いこみか、純粋な想いかはわからないけれど、人を傷つけてしまうことを、知ったほうがいいと思う。

 言葉とは、それほど使うことが難しいものなのだ、と。

 それがたとえ善意でも、それがたとえ真剣な想いだとしても。

 相手の心に、立場に、想いに、状況に寄り添えないようなものは、ただの自己満足だ。

 それがたとえ、相手のことを思ったことだとしてもなお。

 寄り添えない、寄り添えていないのなら、ただの自己満足だ。

「正しさ」とは何か、私にはわからないものだけれど、それはきっと、自分が優位に立ちたいだけの、恐ろしい想いだ。

 正しい、から、平気で伝えてしまう。傷ついているかもしれないなんて、思わずに。

 正しい、から、何も疑わない。相手が違う想いかもしれないなんて、思わずに。

 正しい、から、迷いがない。間違った道にいるかもなんて、思わずに。

 正しい、から、相手を諭してしまう。それが自己満足だなんて、思わずに。

「正しさ」は視野を狭めてしまう。疑いをせずに、振りかざしてしまう。いつの間にかに、心ない悪意のようなものになりかわっていると、気づかずに。

 そうなってしまう、そうなってしまっているかもしれない、と。ふとしたときに思いながら、寄り添うことの重みと大切さが心に染み渡る。

 自分の想いがついつい「正しさ」になっていないか、振り返りながら。


 そう思いながらも、ふと読み返してみると「正しさ」という感情に縛られていないのか、心配になる。

 感情でものを書いてしまっていないか、それこそ誰かを傷つけるものになってしまっていないか。

 難しい、ものですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ふみ

いつも、ありがとうございます。 何か少しでも、感じるものがありましたら幸いです。

ありがとうございます🌟
ふみ
小説、詩、その他、文章や言葉などを書いていかれたら、と思っています。何か少しでも感じるものや引っかかるものが描けるようになりたいですね。よろしくお願いします。