バンドで東京へ行ってきた話

だいぶ日が経ってしまいましたが、11月9日に東京へバンドで行ってきたお話を。と言っても個人の健忘録に過ぎませんが、興味ある方はお読みください。行ってくる以前の話からはじまるのでとても長いです。

2012年からmy bird warms a blanket for Coletteは活動しているのですが、結成当初は今の形態になることも想像できておらず、個人的にはなんとな〜く飽きずに面白い音楽がずっとできたらいいな、くらいの気持ちでおりました。活動を続けていくうちにバンドとして何をどこまでやるか、というところは未だに少々ふわっとしてはいるものの、いつの日からか札幌以外の場所に住む方に聴いていただける機会も多くなり、視野は広がっていくばかりで夢かな、と思うこともある日々です。

さて“東京”という場所にバンドで行ってみたいな、と思った最初の個人的きっかけは2014年に電子音楽ユニット、木箱のPerc.&Cho.サポートとして京都・大阪・東京のツアーにご一緒させていただいたことでした。当時私はそれまでやっていた仕事を辞めると一大決心。音楽は続けながらこの先について少しゆっくり考えようとしていたタイミングで、木箱の西村さんから「サポートをやってみないか」とお声かけていただいたのが始まりでした。演奏的な部分はいつもバンドでやっていることと違うといえば違うのですが、行く先々で出会う人々に自分にも自分のバンドにも興味を持っていただけたことは大きな収穫でした。その時から少しずつ「いつかバンドでも来なければいけない」という気持ちが芽生えていったのでした。

そしてここ2〜3年のあいだ、関東に住む方が時々ライブを観にきては「マイバードは東京に来ないから札幌に見にこないといけない」とお話してくださるのを聞いて、益々東京へ行かなくては!感が強まっていきました。

実際の話、条件が揃えば簡単に東京へ行くことができる時代です。
でもやっぱり聴いてくれる方がいないとライブへ行ってもどうしようもありませんし、メンバーにもそれぞれ家庭もありますし、生活のためのお仕事もありますし、年も重なって参りましたし。。悶々としていましたが、昨年にmini album『俯瞰』(フカン)を出したあたりから「これは今が一番チャンスかもしれない」と思える手応えがあり、東京へ行くためにどうにかしようと決心しました。これはもちろん私1人の決心では叶うものでなく、メンバーがみんな行きたいという気持ちにならないと叶わなかったと思います。そういう意味でもこのバンドをやって、一緒にアクションを起こせる、というのはずっと素晴らしいことなんです。7年も同じメンバーであーだこーだ言いながら一緒に活動をするのってすごいことだし、ありがたいことです。メジャーでもなく巷で噂でもないバンドだけど、私にとってはとても大事だし、他に何をやろうと軸となっています。

では東京でライブをするには!となったときに、あの人に相談に乗ったら良さそうだなと何人かの顔が浮かんだのですが、最終的にFloat down the LiffeyのGt.よーへいさんに今年の頭くらいに相談して東京ライブ計画がスタートしました。メンバーみんなが知っていて、バンドのことを初期の頃から観てくださっている方です。安心第一。一緒にライブができて、久しぶりにお話もたくさんできてとても嬉しかったです。

画像1

今回ライブ会場としてお世話になった新宿御苑MERRY-GO-ROUNDは小さなライブハウスでしたが、音響は良く演奏しやすかったです。スタッフさんたちもあたたかく迎えてくださり安心して演奏できました。お客さんと距離が近くてほんの少し緊張しましたが、個人としては良い緊張感でした。ご一緒したバンドも皆さんかっこよくて、サウンドの空気感というか、ジャンルが離れ過ぎていない感じの組み合わせというか、とてもGoodなブッキング協力いただいたTADASHiTさんにも大感謝です。

画像2

夜の新宿にて↑

今回はタイミングよく、ディスクユニオンの関東・関西にある数店舗にて『俯瞰』を取り扱っていただけていたので、フリータイムにご挨拶へ行ってきました。8月末から3ヶ月間の期間限定だったのでこのnoteをアップする頃は取り扱いは終了していると思います。ディスクユニオンを通じてご購入いただいた方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。地味に初の流通販売となっておりました。嬉しい。

画像3

ずっと前に行ったカフェにもう一度行きたいという念願も叶い。何なら特別な企画メニューをいただけました。なんだか食のありがたさを感じることができました。これはすべて野菜のみ。私はベジタリアンとかではありませんが、何となくお肉や魚のない生活というものを考えることとなりました。将来的にあり得ない話ではないと思います。
そして欲しかったCDもそこで買うことができました。
(それが置いてあることを帰り際に思い出しました…)

画像4

嬉しい楽しい三昧でしたが、一番良かったのはやはり予想していた以上にたくさんの方々に東京でライブを観ていただくことができたことでした。久しぶりに会う知人友人やメンバーの家族、音楽友達、そして純粋にマイバードを好んで聴いてくださっている方々。。意味のある東京ライブであったと信じて。意味のあるものとなるように今後も繋いでいきたいところです。

画像5

改めて今回東京ライブを通じて会えた方々や応援してくださった方に感謝いたします。また行けるといいな、そして他の場所にもまた行ってみたいものです。


na*


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

幸あれ乁(๑˙ϖ˙๑乁)
阿部 成美 | Drums, Percussion, Vocal | my bird warms a blanket for Colette(Dr&Vo) | サポート演奏 | Drawing | former Occupational Therapist
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。