見出し画像

センスを通すためにロジックを使う

こんにちは、井東敬子です。


緊急事態宣言下の2020年5月4日から仲間と始めた「エンパワーライブ寺子屋 ~新しい時代をしなやかに生き抜くためのオンラインゼミ 全9回」が、昨日、最終回を迎えました。

はじめたきっかけは、こちら↓ 


最終回のゲストは、川下和彦さん

広告代理店博報堂に籍を置きながら、本を執筆し、新規事業を立ち上げる子会社 quantum で事業開発に関わる、”組織内変人”
著書『勤トレ 勤力を鍛えるトレーニング』『コネ持ち父さん コネなし父さん』(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)、「ざんねんな努力」(アスコム)など。


川下和彦さんのお話で気になったキーワード

・最大の敵は、自分の脳みそ
・形を残そうとして頑張ると人目に留まる。あるとき急に流れが変わる。
・あきらめずに自分の体幹・軸を持っておく。
・あきらめの悪さ
・今の時代、自分の株価を戦略で上げることができる。でも中身はスカスカ、すぐに飽きられる。
・体幹をコツコツ積み上げる。足場を固める。

・会社は、社「やしろ」で会う。
 本来、一人じゃできない影響力のあることを、志同じくする仲間とやる。
・腐らないで目の前のことをやる。
・話すことで、問題が解決はしないが、解消することはある。


参加者 Q:最大限・最上の夢・妄想を描くために必要なことは?
川下さんA:「これを渡した瞬間」を想像する。
      子どもの頃、粘土細工あげたら喜んでもらえた=快楽
      利他、即、利己


画像2


【センスとロジック】
・センスVSロジックは、ロジックが勝つ。
・でもそれでうまくいくとは限らない。
・ロジックを聞いていると気持ちがいい。
・入り口センス、出口ロジック
・論破することがゴールではない。
・センスを理解するマネージャーの視点が大事
・センスを通すために、ロジックを使う。
・ロジックを味方につける。
・世界中に50万人の社員がいる企業で働いている。多様性がすごい。ロジックがないとまとまらない。一方、CEOは、お客さんからのメールを一つ一つ見ている。

・やることがわかっていたから、分業にしていた。その方が効率がいい。
でも、今、「おどりば」 に来ている。
・例:リンゴの皮を向いて、切って。。。を分業でやっていたら、リンゴが無くなった。待っていてもリンゴは転がってこない。そのとき「リンゴじゃなくて、バナナでやればいいんじゃね」というのがセンス。これからはセンスが必要。

参加者との対話で印象に残ったキーワード

・「クリエイティブ」って言っている人たちは、物は作っていない。きっと価値を作ってるんだろう(by農家)

・私は、センス派でもロジック派でもなく、タックル派

・自分は、センスだけで生きてきた。コンサルは、ロジックで攻める。ロジックコントロールしてくる。コンサルは、プロではない。
・みんな人類の進歩のために貢献している


画像2


グラフィックは、遠藤亮さん

ファシリテーターの遠藤亮(あきら)さん、オンラインでもリアルでも企業研修、グラフィック研修をやっています。話し合いが活性化します。問い合わせしてみてくださいね。



前半、第1回〜第5回のまとめ記事

ライター: 北原まどかさん「森ノオト」理事長


まとめ

9回を通して、延べ200人の変人(変化を起こす人)とつながれたことが、最大の収穫でした。この学びを活かすも殺すも自分次第。
自分の中で発酵するのをじっくり待って、コツコツ体幹を鍛えようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


うれしいです。励みになります。ありがとうございます。
7
持続可能な地域社会づくりに貢献する人を、企画から実践までサポート。女性・移住者・地域のしごとづくり応援します。https://itokeikocheerleader.wixsite.com/itokeiko 鶴岡ナリワイプロジェクト代表、わたしごとJAPAN 共同代表

こちらでもピックアップされています

ナリワイ・3ビズ・わたしごと
ナリワイ・3ビズ・わたしごと
  • 14本

自分の好きなこと・得意なことで誰かの役に立つ小さな起業を始めたい人のヒントを書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。