見出し画像

幸せなふりしてたんだ

初めて聴いた時、

心にグサッと刺さったのを覚えている

痛みが走ったのを覚えてる

たったワンフレーズ

一言

見栄とか虚勢とか

他人に張らないといけない意地とか

一言で言えば

幸せなふりしてたんだ

それに尽きるなと。

思い当たる節があってとかじゃなくて

自分の人生そのものを表しているようで

その後に

何度だって、いつだってと

共感を飛び越えてくる

何度も何度も聴いていく

涙が出る

涙の理由は分からなくても

幸せなふりしてた僕の涙ではないことは

わかるよ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!嬉しいです😆
14
埼玉出身の26歳。読書と歴史に逃避し、ビールに溺れる26歳。HSP持ちの26歳。頭の中を空っぽにしてから眠りたい。
コメント (1)
…。私、得意なんですよね。幸せなふり…。て、思って、すーっと悲しくなった、、、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。